テーマ:日常

櫻正宗記念館&「お気軽健康カフェ あげは。」

昨日は本当なら「神戸ラブランチャリティーウォーク」に出場するはずだったんだけれど、夫が用事で息子を見られないことになってしまい、仕方なく私が息子を連れて、せめてエントリーだけでも……と、神戸は住吉に出かけたのだった。  係の人は息子を見ても何も言わなかったけれど、いくらなんでも3歳児を連れて14kmは到底無理なので、ほんの1km程度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「神戸ラブラン チャリティーウォーク」に参加してきました!

昨日、初めてウォーキングのイベント(大会?)に出場してきた。 ユニセフのチャリティーイベントで、神戸の新長田からポートアイランドまで、14kmを5時間以内に歩くというもの。 新長田からポートアイランドがどのくらいの距離かは、神戸に詳しい方ならわかると思うが、まあ、けっこうな距離である。 かれこれ20年くらい何ひとつ運動をやっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっと書けた年賀状と、やっと買った新しい手帳

  やっと書けましたよ。今年の年賀状。  長い道のりだった。  プリンターが調子悪くなって兄から譲り受けたプリンターに替えたと日記に書いたが、その後、そっちも調子悪くなってしまったのだ。  それも運悪く、義父に頼まれていた60枚の年賀状を印刷している途中だった。  インクが全然出なくなってしまったので、家電量販店でインク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「婦人画報 12月号」

 母が入院した。  「亜急性甲状腺炎」という聞き慣れない病名で。  まあ、それほど大変な病気というほどでもなく、自然に治るものだから対症療法で…みたいなこともネットには載っていたりするくらいのものなのだけれど、それでも病気は病気だし、入院は入院だ。 やはり心配だった。  現在は退院して自宅療養中なんだけれど、もともととにかく無理し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっとのことでパソコン接続!

 前のパソコンがなかなか起動しない、勝手にオンオフを繰り返す、「ガー!!!!!」とすさまじい音を出す、というわけで買い替えたものの、長い間放っていて、昨日夫が接続してくれて、今日やっとこうしてブログ更新と相成ったわけである。  ほったらかしにしてたのも理由があって、私の身に、俗に電磁波はあまり浴びない方がいいといわれている現象が起きて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「それいゆ」

 明石公園にお花見に行ったついでに、兵庫県立図書館へ。  こちら、現在「昭和展」のようなことを行っていて、といっても昭和に関連した懐かしい雑誌や書籍が閲覧できるというだけなんだけれど、その中から私が思わず読みふけってしまったのが「それいゆ」。  この雑誌、中原淳一さんという画家の方が、戦後の日本女性に豊かな毎日を送ってほしいというよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ついに、4年間管理していたサイトを閉鎖……

 実はわたくし、こことは別に、半オフィシャル的なウェブサイトを一人で細々と4年間も運営してきたのである。  「半オフィシャル的な」ってどういうことかというと、要するに自分の母校の同窓生が集まるサイトを、非公式に勝手に立ち上げて管理していたのだ。  うちの母校(某公立大学)にはつい最近まで同窓会の公式サイトがなくて、それでは私がという…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ベルメゾンでまた買ってしまった

 このところ、ベルメゾン「私たちの暮らす服」で服を買うことが増えてきた。  今日も到着。  カーキ色のロングフレアスカート(ゴム・ひも付き)と、オレンジ(とカタログにはあるけれど、実際は朱色っぽい)の長袖カットソー。  これで10年は秋の服を買わずにすむ。  うそではない。私は異様に物持ちが良いのだ。特に衣服関係は。  衣服と…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

30歳になりました②

30歳になったことはめでたいことではあるのだが、私もやはり女性のはしくれ。20代ではなくなったこと、いくらなんでももはや「女の子」ではないこと、には、複雑な思いは否定できない。 日本だけなのかなんだか知らないが、どうも「女性=若くなければならない」というような考えがかなり浸透していて、三十路となるともう女性として終わりみたいな気持ちに…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

30歳になりました①

今日で30歳になった。 正直数日前までは、20代が終わることに複雑な気持ちがあったのだが、今は、ともかく30年間無事に生きてこられたことに感慨深い思いでいる。 そもそも、仮死状態で生まれた私は、30年前にあっけなくこの世から消えていたかもしれないのだ。生きて産まれてこなかったかもしれないのだ。 30年前の今ごろ、予定日を過ぎて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

学校にまにあわない……夢ばかり見る

 ほんっとうに、学校の夢ばかり見るのである。学校を出てもう10年になろうかというのに。  パターンもさまざまである。  1.体育の授業があるのに、体操服を忘れてきた  2.次が体育の授業なのに、運動場にたどりつけない  3.とっくに学校が始まっているのに、制服がどうしてもうまく着られない  4.日直なのに、ホームルームの司会を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more