私と音楽―カセット編―

 はじめて自分専用の音楽機器を買ってもらったのは小学5年生の冬、「SANYO おしゃれなテレコ WU4」というラジカセだった。
 ダビング、それも高速ダビングができるのが画期的だったラジカセ、CMもよく流れていたので覚えている人も多いだろう。
 真っ赤な色もうれしくて、表面を拭くなんとかポリッシュというのを買ってせっせと磨いていたし、ヘッド部分も綿棒と専用の薬できれいにクリーニングしていた。
 ヘッド部分に磁器が溜まって音質が悪くなるのを防ぐ、カセット型の機械(当時で4千円くらいした)も頑張って買って、定期的に消磁(しょうじ)(この言葉を知ってる人は……?)していた。
 現在ズボラ主婦の私からは考えられないくらい、当時はきちんとメンテナンスしていたのだ。

 ラジオ(おもにFM)もよく聴いてはエアチェック(←もはや死語か?)していたものだ。
 再生と録音ボタンを同時に押すと生じる「ボンッ」という音が録音されないようにするべく、あらかじめ一時停止ボタンを押しておいたうえで再生・録音ボタンを押し、好きな曲がアナウンスされるとすかさず一時停止ボタンを解除する、そうすると「ボンッ」音は入らずにすむ、というテクも試行錯誤の上身につけたものだ(この話を夫にすると「そうやったんや! 僕、一時停止ボタンって何のためにあるんやろうと思ってた」とのたまった)。
 
 そうそう、おそらく30代以下の人々は知らないだろうけれど、当時はアルバムがリリースされると、LPレコードだけじゃなくカセット版も発売されていたのです。
 LPレコードはやっぱりどうしても大きくて扱いづらい。
 傷も付くし、最悪割れちゃったりするともう聴けなくなる。
 裏返すのも面倒だ。
 というわけで、私もチェッカーズの4枚目のアルバム以降はカセット派になってしまった。もちろん買うとすぐに空のカセットにコピーしてそっちを聴いていた。
 父も北欧フォークから菅原洋一までフォローする音楽好きだったのだが、このころになるとやはりカセット派になり、ユーミンとか中島みゆきとかのカセットを買ってきては車内でかけたりしていた。
 
 そんなこんなで私とカセットテープ、そしてラジカセの蜜月はかなり長く続いたのだが、時代はすっかりCDにチェンジしていた。
 兄の高校入学祝に父がDENONのCDデッキを買い(スピーカーもついてなくて、聴くためにはヘッドホンがないといけない)、兄も中森明菜とかTMネットワークとか続々CDを購入していき、私も聴かせてもらったりするようになった。
 中でもTMはかなり好きで、当時の私の小遣いではちょっと厳しい価格だった「GB」とか、まだ買える部類だった「PATIPATI」(どちらもCBSソニー出版。のちのソニーマガジンズ)などの音楽雑誌を、TM目当てに買うようになったのが中学1年生の頃。
 バンドブームを牽引していくことになるユニコーン、レピッシュ、バクチク、ブルーハーツといったバンドたちが顔を出し始めた頃だ。
 中学時代というのはどなたもそうかもしれないけれど本当にハードで、学校、部活、塾、友達づきあい、家庭と、いろいろ悩み深い日々だったのだけれど、夢中になれる音楽が私を救ってくれたのだと思っている(それは現在に至るまで)。
  
 生家を取り壊して現在の実家が建てられたのが中学1年の11月。 その後少しずつ家電を新調し、ついに我が家の音楽状況にも革命的変化が……。
 CDをメインとしたコンポを父が買ったのである(続きは次回)。

 ちなみに兄が買ったCDで私もよく聴いてたのはこれ。
Gift for Fanks(DVD付) - TM NETWORK
Gift for Fanks(DVD付) - TM NETWORK

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント