キリンジ ニューシングル「君のことだよ」発表間近! だけどさあ…

 ムーンライダーズにかまけてはいるが、もちろん鈴木兄弟だけじゃなくて堀込兄弟のことも忘れてはいません。
 キリンジが所属事務所も新たに、毎月25日連続シングルを発表するらしい。
 第一弾は今月25日、「君のことだよ」。
 はい。あえて「発売」と書かずに「発表」を書いたのにはわけがあります。
 これ、すべてCDでのリリースではなく、配信なのである。
 ちょっと……
 正直に白状するが、私は生まれてこのかた配信サイト(って言うのかな)でダウンロード購入(って言うのかな)したことがいっぺんもない。
 やり方が分からない、というのもあるけれど、やはり手に取れる「もの」がほしい、というのが大きい。「もの」がないと不安にも感じる。
 そこで、とりあえず生まれて初めて、ヤフーの配信サイトを見てみたところ、昨年のシングル「ロマンティック街道」が200円で売られていた。一曲200円か。こりゃ確かにCDを買うよりはるかにお得だ。
 でもね……。
 ここでいくつかの問題(というか私の単なる不満)をあげてみたい。
・パソコンを持っていない人、携帯電話さえ持っていない人は、どんなにキリンジのことを愛していようと、これから毎月リリースされるシングルを聴くことすらできないのである。そういうのって、基本的にミュージシャンとしてどうなの?
・はっきり言って、ヤフー掲示板のキリンジスレすら消滅してしまった今、キリンジは徐々に忘れられていきつつあるのが現状。今、なりふりかまわずと言っては言いすぎだが、本当に「おっさんにも聴いてほしい」(←「3」リリース時の高樹氏の発言)と、ポピュラリティを必要としているなら、もっと目に見える形で露出するべきではないのか。意地悪な言い方をすれば「CDが売れなかったことに拗ねて、配信に逃げた」と思われても仕方がないのではないか。それともかつてのムーンライダーズのようにいろいろと「無理な」売り出し方を提案されて(「ジンギスカン」をカバーしろだの、大滝詠一をプロデューサーに女性ヴォーカリストを迎えろだの、「春咲小紅」みたいな曲を作れだの)周りの大人たちに信頼感をもてなくなった結果なのか。まあ、ジャケットやPVひとつとっても、率直に言って「この人たちって、スタッフに恵まれてないな……」と歯がゆい思いをずっと持ってはいたけど。せっかくデビュー当時はかわいらしかった(遠くから見るとスパイラル・ライフみたいだった)ルックスも活かし切ることができず。NHK-BSの歌番組で「Drifter」を歌ってた頃がなつかしい。
・「レコードを知っている最後の世代」である私としては、さっきも書いたけど、やはりジャケットがあり、歌詞カードがあることに幸せを感じてしまうのだ。しかし実は歌詞カードを熟読する人って意外と少ないらしいね。私なんかCDを買ったならまず歌詞カードを見ながら一回通して聴き、歌詞カードを何度も読み返すんだけど。
 というわけで、コロムビアのサイトでサビだけを何度か聴き、相変わらずの泰行氏の美声が素晴らしい曲だと思えば思うほど、割り切れない思いが募る。「影の唄」みたいにあとでCDに収録してくれるんならいいけど、まさかアルバムまでも全曲配信にしないでしょうね? 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)