小学校PTA副会長もあと5ケ月……!

 加納朋子さんのPTA小説を続けてレビュー(というほどのこともないけれど)しましたが、「PTAって、人が思うほど恐ろしい所ではありません。もっと恐ろしい所です」という言葉がぴったりの、前近代的で時代錯誤で自己犠牲的な、そういう場ではあります。  我が小学校は児童数も少なく、2クラス作るのがやっと。数年前は廃校の危機とまで言われていました。  ところが市長の方針で、「子育てファースト」に思いっきり舵を切ったこともあり、そんな不動産屋さんにまで見捨てられていた我が町にも子育て世帯が増え始め、廃校の危機はとりあえず免れてはいます。  しかし世帯が増えたからといって、PTAの負担が減るわけではありません。  専業主婦が多かったこの街も今や働くお母さんが主流で、かといって働いていることを辞退理由にはできないため、結果、お人好しで仕事もPTAも引き受けてしまう性質の人に、負担が集中するかっこうになっています。    「PTAの何が嫌? トップ3」というのがあるとするなら、以下のような感じでしょう。 1.仕事を休まなければならない(「またPTAで休みか……」「なんで役員なんてなったの?」などと嫌味を言ってくる上司も) 2.ボランティアのわりにやるべきことが多すぎる(日給5,000円くらいは欲しいくらいの仕事量) 3.やる人とやらない人の負担感の差が大きすぎる(不公平感はんぱない) 4.「子どものために」やっているはずが、自分の子どもを犠牲にしている(PTAの業務のために子どもに学童に行ってもらうとか、なんか変じゃない?) 5.実働部隊は母親ばかり(父親が出てくれる家庭もあるけれどまだまだ十分ではない) 6.地域の各団体との付き合いに忙殺され、本当にPTAとしてやりたいこと(子供とゲームとのかかわりについて保護者みんなで話し合う、いじめや不登校問題や学級崩壊問題を話し合って解決に導く、など)がまったくできない  あれ、トップ6になってしまったが、こういうのがあることを人づてに聞いたり、ネットで見たりして、なんとなく怖そうなイメージができてしまい、仕事などを理由に役員から「逃げ」たり、PTA自体に加入しなかったりという(実は任意であるということがネットで広まっていることもあり)保護者が増えていて、担い手が少なくなり、選出会は本当に我々本部役員にとって重荷になってしまっています。  けれどPTA側にも問題があって、嫌々やってるからついつい顔も怖くなり、すんごい負担が多いからそれを隠しておかないと誰も引き受け手がないだろうという恐怖からことさら業務内容を隠し倒し、引き受けてほしいからとはいえついつい威圧的な「選出会には必ず出席して下さい」みたいな文言を書いてしまい、つまり私たち自身も「PTA=怖い」というイメージを助長してしまっているところがあります。  とはいえ、やっぱりしんどいもん。緊張もするもん。失敗したら責められるもん。笑顔ではできませんよ。  なのでここはやはり、各方面と協議の上で少しずつでも業務を減らしていく。 それと同時進行で、業務の「見える化」を少しずつでも進めていく。 せめて時間的な拘束がどれくらいかくらいは公開したっていいはず(基本的に子供が学校に行っている時間であることすら知らず、午後とか夜とか土日とかも業務があると思ってる人は多い)。    少しずつ負担を減らしていくことで、役員の笑顔も少しずつ増えていき、どんな状況下にいる人でも無理なく参加できる「持続可能なPTA」ができていくと思うんですけどねえ。  PTAが消滅しちゃってもいいのなら私も何も言いません。  でも実際、困るんでしょ? 地域のお祭りができなくなるんでしょ? 登下校の見守りをしてくれる人もいなくなるんでしょ?  子どもたちや学校や地域のためにPTAが必要なのであれば、存続可能な状態にしていかないと……。  なんてことを、実際の話し合いの場ではなかなか発言できず(みんなが発言しまくるから)、こういう場にしか吐露することができないのでありました。
posted by つむ at 10:00Comment(0)

幼稚園PTA役員だった頃はこんなんでした

 そんなわけで、PTAと学童の役員として絶賛大忙し中の私だが、実は5年前は、幼稚園のPTAやってたんである。   私は本部役員ではなく、愛護人権部の副部長という、そんなに忙しくなさそうな役職だったので、まあ本部の人たちみたいにずっとPTA室に「住んでる」ようなことにはならないだろうと高をくくっていたら、「住んでる」まではいかないまでも「プチ出勤してる」くらいの忙しさにはなっていた😖  ベルマーク集計や庭の草引き、地域の人権協議会への出席、保護者全員大掃除の指揮などを主な業務としていて、一年通してずーっと地味に忙しいという感じだった。  生協の協同購入も2週連続お休み、下手したら3週連続お休みということも。    当時の日記を抜粋してみると……。  ☀あっつ~い……。覚悟していたとはいえ、7月のPTA室、扇風機のみ、窓あけ放し、8人くらいのお母さん方でむんむんの中、ベルマーク集計したり書類作成したり打ち合わせしたり。夢中でやってるから熱中症になりかけても気づかない。恐ろしい。お茶飲んで辛いお煎餅食べて乗り切った。  ☀一学期最大の山場! 草引き&地区別懇談会、無事乗り切ったぞー! ああ暑かった😵私は草引きチームだったので収納用品の搬出しないで済んだけど、搬出チームの役員各位お疲れ様でした。えらい時に役員になってしまったものよ。  ☀ナイトウォーキング~。なんていうおしゃれなものではなく、ただ単に中学校区PTA及び地域の人々とパトロール👟 蒸し暑いし、うちから中学まで2往復もさせられて疲れた~。晩御飯の時間帯だったのでこっちはおなかもすいてるし……。  ☀朝から草引いて打ち合わせして歩いて買い物行って家で弁当食べながらP仕事してこれから七夕飾りつけして、その上で炎天下、子供の公園遊びにつきあう&へたすりゃ誰か連れてくる……もう勘弁してくれ😵 でも勘弁してくれないのが子供なんだよな。  ☀PTAでテトラパックを回収してるんだけれど、なかなか集まらない😵 軽く洗った状態で持ってきてもらったらいいんだけれど、それも面倒っちゃ面倒だものねえ。そしてそれらを切り開いて、ずぶずぶにぬれたやつをもう一度きれいに洗って乾かすのは我々の仕事…  ……なんか😵マーク連発で、しんどかったんだなあと改めて。  この幼稚園のPTAに比べたら、小学校のPTA なんて屁やで、と先輩ママに言われていたが、なんのなんの、小学校だって結構大変じゃないか。  まあ、毎日出勤でこそないものの、仕事しながらだとやっぱり、行事を休んだり仕事の方を休んだり、夫に休んでもらったり、なんだかんだと調整が必要。  一番の違いは、幼稚園は「専業主婦である」という前提があったこと(まあ、最近の幼稚園は働くママさんも多いかもだけど)。  小学校はといえば、現に我々PTA本部役員はほぼ全員が働くママである。すべての行事に出席することなどとてもではないができない。「出られる人が、出られる日に」が原則となる。私も会長の代理でずいぶんいろんな団体の総会に出席した。  私が住む地域では、秋に最大のイベントがある。幼稚園PTAの頃だってそのイベントの準備はものすごく大変だった。しかし小学校PTAではまた別の大変さがある。なんと、すべての団体をとりまとめ、資料を作り、実質的な運営をしていくのが、小学校PTAなんである。  勘弁してくれよ……😵😵😵  なんでそこまでやらなきゃいけないのか……嘆いていたらきりがないので、また別の機会に続きを書きます。やれやれ。
posted by つむ at 10:00

加納朋子「我ら荒野の七重奏」を読んで(PTAだけじゃない、クラブ親の会も……)

 前作「七人の敵がいる」に心を打たれ、元気をもらえたPTA副会長にして学童保護者会会長の私。  こちらももちろん読んでみました。  ヒロイン・山田陽子はバリバリの編集者。 仕事にかまけて一人息子・陽介の進路にまで気が回らない。   ところが陽介が突然、吹奏楽で有名な私立中学に行きたいと言い出し、にわかに受験勉強をするも、不合格。  仕方なく公立中学に進学するが、吹奏楽部ではやりたかったトランペットではなく、ファゴットという聞いたこともない楽器を担当させられ、陽子の怒りが爆発。 職員室に押しかけて顧問の先生にまず一発ぶちかます。  ここで出会った、吹奏楽部親の会の役員・東京子にも、とあることから大迷惑をかけてしまい、すっかり嫌われてしまう。  しかししゅんとしている陽子ではない。 なんてったって吹奏楽部親の会は、ボスママ・江賀さん(女帝エガテリーナ!)が牛耳っている組織。 このままでは女帝の思うがままである。 小学校PTAで培った人脈を駆使し、毒舌家だが陽子の一番の理解者・玉野遥、気が弱いが陽子に心酔している村辺千香、ヤンママだが意外と頭が切れる五十嵐礼子、そして多忙な娘に代わって親の会に所属するおじいちゃん・赤西氏(ゴルビー)を巻き込んで、女帝に宣戦布告。 女帝を失脚させるべく大活躍するのである。  近隣の中学と協力して市民ホールの予約に並ぶ(真夜中も並ぶ! そして陽子は真夜中の担当に……。さらに悪いことにゲリラ豪雨に見舞われるという……。そんなこと本当にあるんかいな、でも実際あるから小説になるんだろうな)、演奏会の引率に四苦八苦、何が何でも全国大会進出!主義の女帝との攻防、などのエピソード一つ一つが強烈で、うちの子にはできれば吹奏楽部には入ってほしくないな、しかし彼は音楽が好きそうだし、地元の公立中学で文化部といえば吹部くらいしかないし……と、困惑しながら読み進めた。  前作に比べ、ギャグが格段に多く、陽子のブルドーザーぶりを形容する「大型台風」「猛獣を通り越して怪獣」「最終兵器投入」「野生の王国」には大笑いした。加えて、女帝エガテリーナに対抗できるのはグラスノスチ・ペレストロイカのゴルビーしかいないと、ゴルバチョフにそっくりの赤西おじいちゃんを役員に抜擢するというくだりも。大笑いしてほっこりして、明日からのPTA活動も頑張ろうと思える、そんな一冊である。 我ら荒野の七重奏 (集英社文庫)
我ら荒野の七重奏 (集英社文庫)
posted by つむ at 13:00Comment(0)

加納朋子「七人の敵がいる」を読んで

 こちらの小説は、数年前に真琴つばささん主演でドラマ化もされたそうで、私もちょっとは気になっていた気がするのだが、機会がなくて一度も見ることができなかった。  しかしマミさんが演じるにふさわしいと思える、この強気なヒロイン・山田陽子。   いいねー、何も自分の意志を持たずにゆらゆらしてるだけのヒロインじゃなく、のっけから「私はフルタイムで働いているのでPTA役員はできません! そういうのは専業主婦の方の役目なのでは!?」とぶちかまし、ほぼすべてのおかーさんたちを敵に回してしまうのである。  そんな彼女がクラス委員、学童保育の保護者会会長、自治会長、果てはサッカークラブの保護者会会長まで(リアルでは絶対無理である)こなすはめになり、ママたち、義実家、男ども、夫、息子、教員、そしてラスボスたるPTA会長・上条圭子(ドラマでは小林幸子だったそうで、うーん……)との最終決戦!!  「ミス・ブルドーザー」の異名の通り仕事もブルドーザーのごとくこなしまくり、PTAの仕事も、あちこちとぶつかりながらこなしまくり、給食費をくすねようとする会計係の村辺千香をいさめ(千香は陽子に心酔するようになる)、その千香の娘・真理がロリコン教師に迫られている事実を暴いて糾弾。肝っ玉母さん・玉野遥、ヤンママの五十嵐礼子といった面々とともに、猪突猛進に突き進んでいくのである。  リアルではこんなの無理だ。  ボスママには頭を垂れ、自分の役割だけとにかく何事もなく終わればいい……。またはうまいこと逃げおおせればいい……。  そんなママが大半だろう。私もそう。  陽子も役員なんてできない! 6年間逃げまくってやる! だったのにそうはいかず、そうなったらなったで全力でやっちゃう。 やらなくてもいいことまでやっちゃう。 なんだかんだと時間あるんじゃないのか陽子!? と勘ぐってしまうくらい。  できる人の所に業務は押し寄せていく、ってことなのかしら。  PTAおよび学童の保護者会でどんよりしている私に、元気をどっさりくれる小説なのです。七人の敵がいる (集英社文庫)  
七人の敵がいる (集英社文庫)
集英社
2012-03-16
加納 朋子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト
posted by つむ at 10:00

PTA役員一年目を終えて……

 もう、あのPTA本部役員選挙から一年が過ぎたのかあ……。  正直なところ、私は働いているし、本部なんて専業主婦の人がやってくれるんじゃないの? と、甘く見ていました(専業主婦の皆さんごめんなさい)。  我が小学校の場合、本部役員を逃れるためには、理事または評議員(つまり各部の部員さん)になることが必要なのですが、その理事選挙さえも、仕事を理由に行きませんでした。  かといって自分が理事に選ばれることもなく、「そんなもんか」と思っていたのですが、これが間違い。 みんな本部になりたくないばかりに、必死で理事または評議員になろうとするので、こちらは立候補者がけっこう多いんですね。 道理で選ばれないわけです。  こうして、子供が3年の時の本部選で見事に選ばれてしまったわけです。  まずいきなり、本当は出なきゃいけないのに仕事で出られない行事が3つくらいあるのに仰天。  私は性格上そういうのは申し訳なくて耐えられず、半泣きになっていたところ、「本当に出ないといけないのは総会だけだから。あとは出られる人でカバーすればいいから。今年は働いている人も多いし」とみんなに慰められたのですが、  「本当に出ないといけないのは総会だけ」なんてことはないのです!!    地域のお祭りだって「本当に出ないといけない」レベルだし、地区別懇談会だって、見守りのお年寄りとの交流会だって、地域パトロールだって、地域安全会議だって、やっぱり「穴をあけるとまずい」行事ではあるわけです。  結構あるじゃないの、本当に出ないといけない行事……  そんなこんなで、4月は結構穴をあけてみんなに迷惑をかけたのですが、私の仕事の方も、ボスが代わって休みが比較的取りやすくなったため、今年はガンガン(ってほどでもなく遠慮しながらですが)休みを取ってPTAに邁進しなければなりません。  2年目は自動的に副会長になるので……。  しかも今年に入って、更なる難関が私を襲ったのでした。  学童保育保護者会の会長に選出されてしまったのです……  今まで、PTA一年目かつ学童の副会長、という人はいましたが、PTA副会長かつ学童の会長というのは、たぶん前人未到の領域です。  一年間発狂せずにやり通せるのだろうか……。  そんな日々をこれから不定期につづっていきたいと思います。  もちろん今までの宝塚ネタ、音楽ネタ、くらしネタも頑張って書きますのでお楽しみに
posted by つむ at 14:48

PTAに疲れたら「七色結び」!

 PTAの本部役員選挙、日本中の母親の皆様(父親もちょっとは?)お疲れ様です。  いやですよね。 あの威圧的な、「選挙には必ず出席して下さい」「仕事は辞退理由にはなりません」「委任状を出しても選出される場合があります」「選出された場合は電話に必ず出て下さい」っていう、あの感じ。  かくいう私も、「そうはいっても私は仕事してるし、専業主婦の人がやってくれるんじゃないの?」という甘い考えが災いし、見事に本部役員に選ばれてしまい、一年間必死で務め、来年度は2年目、つまり副会長という大役につくことになってしまいました しかもなんと、学童保育の保護者会(なんてものがあるんです!)会長までも引き受けざるを得なくなり……  そんな私、そして日本中のトホホな役員の皆さんを癒してくれそうな、PTAを舞台にした痛快小説を見つけました。  中学校の前PTA会長の不倫騒動での辞任に伴い、会長を引き受ける羽目になった、ちょっとお調子者の広報部員・鶴子がヒロイン。  旧態依然とした組織を少しずつ変えていこうと奮闘するのですが、介護を理由に役員から逃げる(お姑さんは実はピンピンしている)人あり、関西弁ペラペラのくせに、「ワタシニホンゴワカラナーイ」と突然外人を装って役員から逃げる人あり、怖いお父ちゃんあり……。  くたくたになった鶴子は、ある日、同居の義母・ナナが夢中になっているネットアイドル・フジマサキを発見し、自らもずぶずぶはまっていくのだが……。というのがストーリー。 作者の神田茜さんは講談師の方なのだが、ご自身のPTA役員経験を生かした作品とあって、リアルでしかもテンポが速くどんどん読み進めていける。  フジマサキの正体がまさかの……!というオチも含めて(なんとなく途中からわかるんですけどね)、大団円、ハッピーエンドなのも良い。  PTA仕事の息抜きに軽い気持ちで読んでみてはいかがでしょうか。  さしずめ、鶴子にとってのフジマサキが私にとっては宝塚歌劇でしょうか。 仕事にPTAに家事に、それらとは全然関係ないことを考えてしばし逃避しないとやってられないですもんね
七色結び
光文社
神田茜

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト
posted by つむ at 13:51