よしもとばなな「小さな幸せ46こ」

 自分でも意外な気がしているんですが、このブログによしもと(吉本)ばななはもしかして初登場?  高校・大学時代はあほほど読んでたのに。  大人になって急速に読まなくなってしまったけれど、それでもエッセイはたまに見つけると読んだりしていました。  そんなばななさんの最新エッセイなのかな?  仕事、グルメ、旅行、ファッションなどなど、いつもの前向きなばなな節かと思いきや、子育て、ご両親の看取りがあったこともあり、いつになく内省的な面も垣間見えるエッセイ集になっていました。  お母さまとの確執ってほどでもないにせよ、いろいろ行き違いがあったことも。 お父さま(いわずと知れた吉本隆明氏)がものすごく早食いだったことも。  それまで強気なイメージが先行(あくまでも私の中で)していたばななさんも、ここへきて少し丸く(?)なったのだろうかという気がしました。  それにしても息子さんと一緒に寝ていた日々を追憶する「ふくらはぎ」には泣きそうになってしまいました。  何をかくそう、私もいまだに8歳の息子と一緒に寝ています。 別々になるなんて今の時点では考えられないくらい、毎晩ギュッとしながら寝てます。  ばななさんは毎晩、息子さんのふくらはぎをもみもみしながら寝ていたそうで、そのふくらはぎが今では手元にないことを惜しみつつ、一緒に寝ていたかつての幸せをかみしめつつ、やはり子離れ・親離れは必要なのだと受け入れています。  私もいつまでも息子と一緒に寝られるなんて思っていません。 来年の今頃にはもう離れているかもしれません。  だからこそ、今の幸せ、「ママだっこして」と言ってもらえる幸せ、眠っていても無意識に私を求めてごそごそと寄ってきてくれる存在がある幸せを思いきり堪能しようと思ってます。  タイトル通り、小さなありふれた、それでも確実な幸せを、どこからでも読んで拾い集めることが出来るエッセイ集です。 誰しも一つは思い当たる幸せがあるのではないでしょうか。  
小さな幸せ46こ
中央公論新社
よしもとばなな

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 小さな幸せ46こ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
posted by つむ at 12:14