「かぞくのじかん」夏号:子育て中でも居心地のいい部屋作り

 わが家では1階の和室を、一応子供の遊び部屋と設定しているんだけれど、まあこれはたまたまもともと何にも使っていなかっただけで(和室に通すような肩のこるお客もいないし)とりあえず出産直後に「ここに寝かすかー」という感じで寝かしてみて、そのままずるずる現在に至るという感じだ。  だから今は、おもちゃ、ベビーグッズ、それらの箱、衣類などなどでカオス状態である。  そんな家でも居心地よく、子供がいる気配をなるべく感じさせないように……そんなインテリアの作り方が、今号の「かぞくのじかん」の趣旨である。  読者のお宅のグラビアが多くて、インテリア雑誌のように眺めているだけで「ほー、おしゃれだなー」「うらやましいなー」という感慨は得られる。  ただ、これらを実際真似できるかどうかといえば……。    おそらく、本誌に登場するお宅は、その多くは、現在の日本の平均的な子育て世帯に比べればかなり恵まれた経済状況にあるんじゃないかと、本誌を読む限りでは推察される。  まどろっこしい言い方をやめてぶっちゃけると、「お金持ちそう」なのだ。  おもちゃ一つとっても、いわゆる「木のおもちゃ」が多く、教育熱心で経済的にもそうした理想をかなえやすい状況にありそうな感じ。  間違ってもそこらのスーパーのおもちゃ売り場で、間に合わせ的に「アン××マン」「モノ××××ラン」とかのおもちゃなんて買わなさそうな。  そりゃ、ボーネルンドのおもちゃばっかりだったら、インテリア的にも絵になるから、しまいこまなくてもいいでしょうよ。 と、ひがみ根性で見てしまうのであった。  だけど現在の平均的な日本の家庭だと、どうしたって「アン××マン」「デ×××ー」「ポ××ン」とかは避けて通れないんじゃないかなあ。  そういうのはおしゃれなカゴにまとめて入れて、おしゃれな布を1枚かければOK! ということらしいんだけれど、その「おしゃれなカゴ」さえも、わが家なんかでは導入に躊躇してしまうような(ただケチなだけ?)。  まあそんなこんなで、わが家の和室にはさまざまなカラフルな色、雑多なマテリアルが混在していて、とても大人が落ちつける部屋ではない。  でも思うんだけれど、「子供がいても落ちつける部屋」を目指すのもいいけれど、子供が小さい時期なんて短いんだから、今は思う存分、「小さい子供が汚しまくる家」を楽しんだ方が、ストレスにならなくていいんじゃないだろうか。  これから10年もすれば、うちの2歳児も宿題やら部活やらゲームやらケータイやらで、私たちと遊んでくれなくなるだろう。 家に居つかなくなるかもしれない。  今はこの雑多な部屋で、いろんなおもちゃに囲まれて、これで遊べこの絵本読め抱っこしろとの要求をすべて聞きながら、思いきり「小さい子がいる状況」を満喫したい。  まあ、それでも「落ち着かなくてイヤッ!!」という方は、本誌はすごく参考になるので、おすすめします。
かぞくのじかん 2010年 06月号 [雑誌]
婦人之友社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
posted by つむ at 15:45

「かぞくのじかん」3月号は時間の使い方

 家族のこよみ……そういう表みたいなのを作るのは嫌いじゃないけど、「家族の予定」「衣・食・住それぞれに関すること」「その他」などと項目に分けて、12か月、何月にどういう予定があってどういうことをするか、書き込んでいくのだ。  大変な作業だーーー  あ、「かぞくのじかん」春号の話です。  確かに私自身、毎日毎日いろんな雑事に追われているわりには、ぽっかりと開く時間もたまにあるわけで、そういう時間は無為に過ごしてしまうことが多いと感じる。  でもねー、そういうダラダラ時間も人生、大事なんじゃないのかなあ?  特になにをするでもない、雑誌読んだりテレビ見たり家族と話したり、そういう時間も一日に1時間はないと死んじゃうよ。  そういう時間にまで、すきま仕事をするのはもちろん尊いとは思うけれど、私はちょっと無理だなあ……  家族の一年のこよみ、朝にするべき仕事、寝る前にするべき仕事、そういったものをきちんと整理して目に見えるように表に書いて、その通り実践するなんて、素晴らしいことだとは思うけど、疲れそう……  日々の雑事をこなして、なおかつそういう余裕がある方にはおススメしたい生き方ではあります。  さて、今号のおめあてはこれだけではない。  子育て中のお父さんをフィーチャーした記事に、曽我部恵一氏登場!!  家族ができるまでは、これで夢だった海外放浪もできなくなるし、先が見えるのが嫌だったという曽我部。  しかし3児の父となった今は、家族を作ることそのものが、海外放浪よりも大冒険みたいだと、子育てを心から楽しんでいる様子。  3人のお子様たちとお風呂に入る曽我部の笑顔は見事にまぶしい。 冒険かー。 私なんて日々あたふたしてるばかりで、今の状況を冒険なんて言える余裕ないけど、冒険だと思えば少しは楽しくなってくるかもしれないな。
かぞくのじかん 2010年 03月号 [雑誌]
婦人之友社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
posted by つむ at 22:50

「かぞくのじかん」2009年9月号

 婦人之友社の「主婦日記」も絶賛記録中の私である。  といっても私の場合、マンスリーの欄は使わない。 ウィークリーの欄を半分に分けて、左半分に予定、右半分にその日の出来事や買ったものなどを書くことにしている。  そうやってみると案外、毎日日記なんて書くことないなあという感じである。  やるべきことと大事な出来事だけ書くという、ゆる~い感じでやっていけば、日記って続くような気がする。  さて、婦人之友社の回し者では決してないんだけれど、「主婦日記」と出会うきっかけになった「かぞくのじかん」という雑誌がある。  これ、まあ要するに時間の節約や、家事の工夫などが載ってる雑誌なんだけど、日経BP社から出てた「リアルシンプルジャパン」亡き今となっては、この雑誌がその代わりとなってくれそうな気がしている。  「お金がなくても豊かに暮らす方法」みたいな特集記事にひかれて買ったんだけど、いきなり家庭菜園はちょっと敷居が高いし、常備菜っておいしくないのばっかりだし、、、っておいおい、まだまだ私、主婦として覚悟ができてませんぞ。  これからもっと精進せねば。  折しもうちのちびっこが、いつもの離乳食を食べてくれなくなった今日この頃。  今こそ気合を入れて、子供の食事も、我々大人の食事も、きちんと作れるようにしなければ。  節約しつつ、ね。  家計簿の細かいつけ方も載ってるんだけれど、「調味料代」なんていくらかかってるか知りませんし、そこまで細かくつけたいとも思いませ~ん……  「レシートはるだけ家計簿」とか「袋分け家計簿」なんてのが幅を利かせてる昨今に、ケンカ売ってるような細かさである。(興味のある方は大型書店で、赤バックに白く「家計簿」と書かれてる家計簿を見てみてください。眩暈しますよ)  ちなみに私はミドリのルーズリーフタイプのゆる~い家計簿を愛用しています。
かぞくのじかん 2009年 09月号 [雑誌]
婦人之友社

ユーザレビュー:
良妻賢母のすすめ「一 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る
posted by つむ at 23:30

「主婦日記」を付けるぞ!

 日記・手帳・家計簿大好き人間の私。  来年はこの日記帳をつけていく予定です。  「婦人之友社」なんていう、見るからにいかめしいところから出ている、古式ゆかしい家計簿、店頭で見たことがある人もいるかもしれない。  あの家計簿はあまりにも細かすぎて、いくら家計簿好きの私でもちょっとめげそうなので、とりあえず日記から始めてみることにした。  でもこちらの日記帳も手ごわいでっせ。  年間予定表、一日の自分の時間表、もちろんマンスリーにウィークリーもある。   今月の反省やら、年末の大掃除の計画を書く欄なんてのも。  みっちりと主婦したい人には最適な日記帳だな。  私のお気に入りポイントは、ウィークリーの欄。  半分に分かれていて、自分の予定と家族の予定を書くもよし、「予定」と、「実際やったこと」を書くもよし、「あったこと」と「買ったもの」なんてのを書くもよし、自由に使えるのがいいと思った。  私個人としては、マンスリーはいらないから、ウィークリーに予定も実際の出来事も書くつもりである。  ふふふ、来年が楽しみだなあ  今は「REAL SIMPLE」誌の付録だったダイアリーをつけているんだけれど、「REAL SIMPLE」誌が廃刊になっちゃったんだよなあ(泣)。 このダイアリー、マンスリーもウィークリーもあって、to do欄が大きくてたくさん書けるのが気に入ってたんだけれど。 この雑誌も良心的にやりすぎたのかしら。 私が好きな雑誌はだんだん廃刊になっていくなあ(涙)。  家計簿はミドリから出ている、ルーズリーフタイプのものを今のところは使っている。  よく、「なんとか家計簿2010」みたいなのが店頭に並んでいるけれど、あれって日付まで書いてあるから、「買い物しない日だってあるのに…空欄になっちゃうのがもったいない」と常々思っている私である。  日付は自分で書きこめるタイプがやっぱり好きである。
主婦日記 2010
婦人之友社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ
posted by つむ at 23:43