宝塚歌劇団雪組公演「凱旋門」「Gato Bonito!」

いやー、2階席からもあーさ(朝美絢)の美しさは目を引いたなー。  今回、2階席最前列のかなり左側で観劇したんだけれど、主要な役どころのジェンヌさんしか見えない中で、あーさの美貌はパッと向こうから飛び込んでくるんだな。   「凱旋門」。 図らずもだいもん(望海風斗)と、真彩希帆ちゃんのコンビを見るのが2回目となった。 ただ、トド様(轟悠)の降臨(トド様降臨は私にとって3回目)だったが。  第2次世界大戦前夜のパリで、亡命してきたドイツ人医師・ラヴィックと、イタリアから来た女優志望の娘・ジョアンの悲恋を描いた本作。  トド様やっぱり声が全然、他の男役さんとは違うわ。 本物の男性と見まがうばかりの堂々たる男性の声。もちろん立ち居振る舞いも申し分なし。 ただ、少しのどの調子がよくないのか、高音になると裏返ってしまう場面もあったのが気になった。  きほちゃんはもっともっと歌を聞かせてほしかったのだが、ソロが少なく残念。でもともすれば「マノン」ばりに甘えん坊で軽く見られてしまいそうなジョアンという女性を、ギリギリ品格のある女性として表現していたのはさすが。「しあわせ」という台詞が可愛かった。  だいもんはお芝居ではストーリーテラー的な役どころで、あまり面白い役ではないのだが、その分ショー「Gato Bonito!」ではじけていた感が。 客席下りもふんだんにあったしね(2階席はこれがきつい。全然見えないんだもん)。  「どうも。Gato Bonito!です。「美しい猫のような男」と呼ばれています。そんな僕ですが、悩みがあるんです。……朝に弱いんです。特に今日のような早い日は(11時公演だった)全然起きられないんです。そんな僕をどなたか目覚めさせてくれませんか?」なんていう語りまであって、一階の前の方の人がうらやましかったなー。  そしてあーさですよ。紫色の女役スーツ(っていうんだろうか)で、他の男役スターと共に妖しく踊るわけだけど、やや小柄ながら本当にきれい。 お芝居でもパッと目についたし、私にとって雪組を見る楽しみの一つになったわ。  逆に気になるのは、娘役2番手、3番手という確固としたものが今のところないみたいで、特にパッと目立つ娘役さんがいないところ。  どの娘役さんもそれほど目立つ役というわけではなく(そういうお芝居だからなのかもしれないけれど)、娘役ファンとしては心配である。   しかし2階席って全体がよく見えるので、『舞台って意外と奥行きが広いんだな』とか新たな発見もあり。    今回の失敗を少し。  ・幕間のトイレはやっぱり混みます。30分しかない休憩時間で、トイレに並んで戻ってきたときにはあと12分しかなかった……。12分でサンドイッチを必死でかき込み、全然プログラムを見る余裕もなく、エトワールが誰だったのかもわからず(愛すみれちゃんだった)、とほほ……。 よほどのことがない限り、幕間にトイレに行くのはやめておいた方がいいかも。  ・眼が痛くなるほどショーで泣いて、放心状態でロビーに行って、プログラムをしげしげ眺めていると、「申し訳ありませんが次の公演時間となりますので」と、係員さんに追い出されてしまった。 そう、3時公演がある日はゆっくりせずさっさと会場を出ましょう。プログラム読むなら「ラ・ロンド」がおすすめ。 あまり混んでいないし、ゆっくりお茶できますよん。
posted by つむ at 10:52

宝塚歌劇団雪組公演「ひかりふる路」「SUPER VOYAGER!」

 今回、望海風斗(だいもん)と、真彩希帆(きほちゃん)のトップお披露目公演となった雪組。  マクシミリアン・ロベスピエールという、フランス恐怖政治の代名詞的な人物、おおよそヒーローとしては描かれてこなかった人物を、宝塚のヒーローらしい清廉潔白で素朴な人物として描くにあたり、演じることができるのはだいもんしかいないでしょう。  相手役、架空の人物であり、ロベスピエールを暗殺するために近づいたつもりが愛してしまうというマリー=アンヌを演じるきほちゃんも、もうとにかく歌がうまいとは聞いていたけれど、上手いというレベルではなく、完全に「役」の歌になっていて、愛憎半ばする複雑な思いを見事に表現していた。   これだけヒロインのソロの歌がふんだんにある、というよりヒロインの歌で物語を進めていくといってもいいくらいなのは、宝塚歌劇としては画期的な試みなのでは? そしてそれを可能にしたのはきほちゃんの歌唱力に他ならない。   ボリューム、ビブラート、表現力、あらゆる面で大昔の歌うま娘役さんをほうふつとさせた。   ただ、彼女がうますぎて、他の娘役さんのなかでかなり聞き劣りする人が見受けられたのは(うまい人もいるんだけれどね、中にはソロがあるのが気の毒なくらいいまいちな子もいるわけで……)。  今まで観劇してきて、本当にかわいそうなくらいソロの歌がない娘役トップさんも見てきた。 別に下手というわけでもないはずなのに、お芝居でもショーでも男役の添え物に過ぎないみたいな存在のヒロイン。   最近は時代の変化からか、ヒロインも自立していて職業があったり、強気で自分の力で人生を切り開いていくような女性像が増えてきている。 いいことだと思う(娘役びいきの私としては)。 やはり主たるファン層である女性に共感されなければ、少しずつ廃れていってしまうだろうから。   そんなきほちゃん、ショー「SUPER VOYAGER!」では声色も歌い方もまるっきり別物に変えてきていて、同一人物⁉と驚くばかり。 やや要素を詰め込みすぎなのでは?と思われる、ヴァラエティーに富みまくりのショーなんだけれど、中でもあまりの美しさに大注目の朝美絢(あーさ)が女役に扮し、二人の男をほんろうしたあげく……というアダルトな場面で、あーさのおみ足にくぎづけ。 割と男役に対しては面食いを自任している私だけれど、あーさは今まで好きになった男役さんとはまた違う美しさで、歌もしっかりしていることが今回確認できたし、ますます楽しみになってきた。    そして公演デザート、「カシスノワール」がこちら↓ 私は「ラ・ロンド」でいただきました。
画像
 青い部分の素材が何なのかよくわからなかったんだけど……(食べていいものなのか、蝋とかだったら食べちゃいけないだろうし)一応、トリコロールカラーを表現していることは理解できた。  狭そうに見えて結構広くて回転も早く、ゆっくりできるカフェで、おすすめです。
posted by つむ at 13:50

宝塚歌劇団雪組公演「私立探偵ケイレブ・ハント」「GREATEST HITS!」

 11月5日、11時公演を見てきました!  もう今日がムラ千秋楽なので、見た人も多いでしょうが、簡単にストーリーを。 時は20世紀中頃のアメリカ。私立探偵ケイレブ・ハント(早霧せいな)は、映画の撮影現場で、エキストラの女優・アデルが死亡する場面に居合わせる。仲間のジム(望海風斗)、カズノ(彩風咲奈)らが追っている事件とも共通する点があることがわかる。アデルの両親が娘の行方を捜してほしいと依頼してくるが、両親も直後にひき逃げ死してしまう。事件のカギは芸能プロダクションの社長・マクシミリアン(月城かなと)が握っているらしい。マクシミリアンと一緒に仕事をしているケイレブの恋人・イヴォンヌ(咲妃みゆ)も、ケイレブの身を案じながらも彼を支えるが……。   雪組を見るのはなんと、「仁」以来ということで、かなりメンバーが入れ替わった雪組に戸惑いが。「あの人がこんなにも歌を任されている!」「あの人にこんな一面が!」と発見もいっぱい。 ちぎちゃん(早霧)のトップ姿を見るのも初めてなわけだけど、すっきりキレイでスターオーラも抜群。  ゆうみちゃん(咲妃)に至ってはちゃんと見ること自体初めて。 なんというか、砂糖菓子のようなかわいらしいルックスから、もっと声もかわいいのかなと思っていたけれど、意外とリアルな普通の女性の声で全編通していて(そういう演出だったんだろうけど)、いい意味で驚いた。 自然体の演技がすごく上手で、ドラマじゃなく舞台でこれだけ自然な演技ができるとはすごい。 もちろん歌も上手。  だいもん(望海)、さきちゃん(彩風)、私の特にお気に入りのれいこちゃん(月城)、などなど雪組はキレイどころぞろいで、微妙な人がほとんどいない。 目の保養になったわ    実は………今回は私観劇史上初の、重大な案件をかかえての観劇だったのです。  その案件とは、「8歳の息子と一緒に無事観劇すること!」  彼にとって、宝塚観劇は実は初めてではない。 「エル・アルコン」「アデュー・マルセイユ」を一緒に観ている。 しかしそれは、お腹の中でのことであって、この世に出てきてからは初めて。 お行儀良く、声を出さず、ぐずらず、途中でおしっことか言わず、観てくれるだろうかと心配だった。  しかし、みりお(明日海りお)トートの「エリザべート」ブルーレイを見てからというもの、一度でいいから自分も生で観劇したいと言ってきかなくなった彼、しかたなく(?)連れてきたのでした。  しかも探偵もの、難しい用語が飛び交う犯罪もの、派手でもない正塚先生もの(ごめんなさい)、退屈しないか心配だったんだけれど、なんのなんの、途中ちょっと飽きてきたらしく私の手を握ってきただけで、静かにじっくりと最後まで観劇してくれて、母は感動したよ。 幕間、外のテラスで、夫が買ってきてくれた「ルマン」のサンドウィッチを食べていると、鳩たちがぽぽぽぽとやってきて、私たちがこぼしたサンドをおいしそうにつっついていた。  きっと彼らの腹時計の中では、開演前~幕間~終演後~次の開演前~幕間~終演後というスケジュールがインプットされていて、いつこのテラスに居れば旨いものにありつけるかよくわかっているのではないだろうか  ショー「GREATEST HITS!」はその名の通り、古今東西の名曲を集めた賑やかなレビュー。  うちの子は、夫がいつも見せている(私はやめてほしいと思ってるけど)「空耳アワー」で出てきた、チェイスの「黒い炎」にすぐさま反応し、隣の私をつついてにこっと笑ったけれど、あとは行儀良く、拍手すべきところで拍手し、手拍子すべきところで手拍子し、おとなしく観ていてくれた。  私はとりあえず、ひめちゃん(舞咲りん)の歌姫っぷりに圧倒されたわ。 お芝居の方のくらっち(有沙瞳)もすごい歌い手さんだと思ったけれど。 基本、娘役びいきの私としては、歌えてかわいい娘役さんは大好物である。   キャトルレーヴで「歌劇」最新号と卓上カレンダーとやること付箋を、ソリオ内の書店「サンクス」で「ZUCCAZUCA」3を買い、大満足で帰路についたのでした。  本当に、子どもと一緒に観ることができたことがなにより感動的。 男子なのでタカラジェンヌにはなれないけれど、演出家になってくれないかなーとか無理な願い事を(阪急阪神ホールディングスに就職するでもいい、阪急電車のどこかの駅の駅長さんになるでもいい、スポニチの芸能記者になるでもいい、とにかく宝塚に関連する仕事に……)……そんな母を尻目に、次作「金色の砂漠」のみりおにうっとりしている8歳男児なのでした(やっぱりみりおが好き)。
posted by つむ at 11:24

宝塚歌劇団雪組公演「仁―Jin―」「Gold Spark!」

 10/14、行ってきました!  ストーリー……といっても、有名な漫画が原作であり、大沢たかお主演でドラマにもなったあの「仁」なので、ざっとだけ。  ※※※2012年、東京の脳外科医・南方仁(音月桂)は、運ばれてきた謎の急患の手術をすることになるが、その患者の頭部には胎児のようなものが埋まっていた。 突如轟く雷鳴。 気がつくと仁の周りでは侍たちが斬り合っている。 仁は150年前の江戸にタイムスリップしていたのだ。 頭部に怪我を負った旗本・橘恭太郎(未涼亜希)の手術を行った縁で、仁は橘家に居候させてもらうことになる。 恭太郎の妹・咲(舞羽美海)は仁を慕い、自らも医学を志す。 コレラを治したり、青カビでペニシリンを作るなどする中で仁は江戸の人々に溶け込んでいき、勝海舟(北翔海莉)、坂本龍馬(早霧せいな)らとも知り合いになる。 坂本龍馬が最期を遂げる時が刻一刻と近づいてくる。 仁は龍馬を守るため、咲とともに京都に向かうが―。※※※    演出が斉藤吉正先生なので期待していたが、先生にしてはおとなしめというか、オーソドックスにまとめてきたなという感じだ。  キム(音月)、みみちゃん(舞羽)はこれがサヨナラ。 愛する者たちと愛しい時を過ごす、というこの作品のテーマが、退団して行く彼女たちの姿とだぶって、ファンはうるうるでしょう。  考えてみれば、雪組を観るのはなんと6年ぶり。 「堕天使の涙」以来なのだ。 それから6年でずいぶんメンバーの入れ替わりがあり、いったい何組を観ているのか分からなくなったりした。 キムにしたって少し退団が早すぎるのでは。 もう2年くらいこのトップコンビが観たいと思える。  キム、専科のみっちゃん(北翔)、まっつ(未涼)は同期生。 3人とも歌唱・演技ともに非常に優れていて、安心して見ていられる。 2番手格のちぎちゃん(早霧)は歌唱に課題ありとよく聞いていたが、それほどでもなく、もう少し柔らかい声が出せれば十分いけると感じた。  次期娘役トップの愛加あゆは、乳癌に冒される花魁・野風役。 みみちゃんがけなげなロザリー系の娘役なら、あゆちゃんは華やかなアントワネット型か。 女役に転向したばかりの大湖せしるも、女スリを色っぽく演じた。  ショー「GOLD SPARK!」は、「え、もう大階段!?」と驚くくらい、急ぎ足でやや物足りない印象。 もっとキム・みみのサヨナラを意識した演出がほしかった。 いやそれとも、彼女ら自身がそういうのを望まなかったのか。 しかし衣装などはキラキラきらびやかで十分宝塚らしさが楽しめる。    今回は奮発して(というほど奮発でもないのかもしれないけど)JR宝塚駅内のイカリスーパーにて、ちょっと贅沢なサンドイッチを買い、ランチにした。 一度でいいから劇場内のカフェやレストランで豪華なランチを食べてみたいけれど、気ままにサンドイッチくらいを買ってロビーでスカステを観ながら食べるのもまた楽し。  帰宅し、夫に「仁」について解説していて、「で、そこで坂本龍馬とか勝新太郎とかと出会うねん」と、素で間違えてしまった
posted by つむ at 14:04

宝塚歌劇団雪組公演「堕天使の涙/タランテラ!」

 宝塚歌劇団雪組トップコンビ・朝海ひかると舞風りらのサヨナラ公演となる今回の作品。  私はお披露目の「春麗の淡き光に」も観ているので、サヨナラに立ち会えるのが単純にうれしい。  お芝居の方のストーリーをざっと……。  *20世紀初頭のパリ。享楽に耽る人々。とある夜会で”地獄"をテーマにしたダンスが開かれる。主役の"地獄のルシファー"を踊るダンサー(朝海)が人々を魅了する。彼はロシア人ダンサー・ミハイル。新進気鋭の振付家、ジャン=ポール(水夏希)に、自分の館を訪ねて来るようにと言い残して去って行く。  彼はジャン=ポールに、自分の為に"地獄の舞踏会"という作品を創ってほしいと依頼する。そして、自分は地獄から人間界に現われた堕天使ルシファーだと告げる。ジャン=ポールは、ルシファーに誘われるままに、その仕事を引き受ける。  「地獄の舞踏会」の音楽がなかなかできずに苦悩する作曲家・エドモン(壮一帆)は、ルシファーに言われるがままに、弟子のマルセル(彩那音)に書かせた曲を自分のものとして発表する。一方、ピアニストのセバスチャン(音月桂)の恋人・イヴェット(大月さゆ)は、ミハイルの相手役に選ばれ、またしてもルシファーの誘惑に負け、一流のバレリーナになるためにセバスチャンとの愛を捨てる。  そうして愚かな人間を笑い、神を呪うルシファーだが、ある時一人の盲目の元バレリーナ・リリス(舞風)と出会う。彼女は実はジャン=ポールの双子の妹。伝説のバレリーナだった母のジュスティーヌ(五峰亜季)に愛されず、盲目の娼婦となり、さらに病魔に冒された彼女は、それでも自分の身に起こったことをすべて受け入れるとルシファーに語る。……*  今回すごく良かったなあと思える点が2点あって、  ・娘役・女役が大活躍している!  ・歌える人が歌いまくり、踊れる人が踊りまくっている!  まず、今の宝塚きってのダンシングスターであるコムさん(朝海)、まーちゃん(舞風)の退団公演だからということもあるだろうけれど、お芝居の方ではコムさんがロシア人ダンサーに身をやつした堕天使、まーちゃんがかつて将来を嘱望された盲目の元バレリーナ。この設定からしてファンはぐっと来るでしょう。  ミハイルの相手役を決めるオーディションのシーンで、舞咲りんら若手の娘役がバレエをかわいく踊りまくるのがまた見もの。お芝居で娘役たちがこれだけ踊らせてもらえるのって珍しいのでは?  その中から選ばれ、一流のバレリーナになるために恋人との別れを選ぶイヴェットという大役を演じるのが大月さゆ。正直、彼女のことは全然といっていいほど知らなくて、大抜擢といっていいのかもしれないが、大きな役どころにきちんと応えていた。水夏希、壮一帆ら男役スターたちと一緒に娘役たった一人でセリに立って歌ったり、歌のソロがあったり、びっくりするほどの抜擢。何も知らずに観に来た人は、さゆちゃんがヒロインなんだと思うのではないだろうか。  その点、本当のヒロインであるまーちゃんは、病人の役だからほとんど寝たきりで台詞もソロの歌も少なく、天に召される前にルシファーと踊るデュエット・ダンスが一回あるだけ。退団公演なのにそれってひどすぎるのでは? でもまーちゃんはけなげに演じきっていた。  さて、ショーの方ももう、これでもかというくらい適材適所の大熱演を見せてくれた雪組。専科の矢代鴻をはじめ、未来優希、美穂圭子、愛耀子といったあたりが歌う歌う! コムさんとまーちゃんが踊る踊る! 山科愛ちゃんかわいすぎ! なんか、コムまーコンビの最後を飾るために全員が持てる力をすべて出したし、力を持ってる人を上手く使ったという感じがして、気持ちよかった。  ともすれば男役偏重になりすぎ、娘役で目立てるのはトップだけ、あとは文字通り壁の花、となりがちだったこのところの宝塚。さらに路線スターだからというだけで、歌唱力に疑問のある演者がソロを取ったり、実力ある娘役がいっぱいいるのに男役スターが女役をやったり、ということが多かったこのところの宝塚。でもこの公演を見て、少しずつそのあたりが変わりつつあるのかなとうれしくなった。やはり何でも「実力のある人」が報われるような宝塚であってほしいし、娘役があって初めて男役も光るのだということを、可愛くてかっこいい娘役をもっと見たいというファンがたくさんいるのだということをもっと踏まえてほしいと思う。  いやーそれにしても、ここからはひとりごとだけど、まだまだ暑い時期に宝塚に行ったのは初めてだったので、どんな服を着ていけばいいか迷った。やっぱり裸足にサンダルは気分じゃないし。結局裸足だけど靴は普通のパンプスを履いていった。
posted by つむ at 19:13