テーマ:生活

恩師からの贈り物! お礼状の書き方って難しい……

 PTAに、学童保育の保護者会に、もちろん仕事にと、なんかわけわからない日々を過ごしている私のもとに、高校時代の恩師から小さな荷物が届きました。   恩師はビデオ撮影が趣味で、在学中から私たちの様子を一年間撮影したビデオをいただいたりしてきたのですが、それをDVD化したものを送って下さったのです。  さて問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暮しの手帖別冊 わたしの暮らしのヒント集

 「暮しの手帖」はもともと好きな雑誌で、時々買っているんだけれど、なかでも別冊「暮らしのヒント集」は、そのエッセンスが凝縮されていてとても読んでいてほっとできたり、ためになったり、目の保養になったり。  一家に一冊あってもいい良書だと思う。 「たとえばこんな、わたしの一日。」というコーナーがいつも気に入ってるんだけれど、私の場合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暮しの手帖別冊 暮らしのヒント集4

 「あさが来た」の感動もさめやらぬままに、「とと姉ちゃん」も見てしまっている私です。  もともと「暮しの手帖」という雑誌は好きで時々買っていて、「続・暮らしのヒント集」は持っていたものの、「ヒント集3」がどうしても入手できなくてどうしたもんかと思っていたところに「4」の発売情報を得て、速攻予約したのでした。  「暮しの手帖」でおなじ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水村美苗「母の遺産」

 我が家は今、事情があって新聞を取っていないんだけれど、読売新聞を取っていた頃、毎週土曜日に連載されていたこの小説を、読むともなく読んでいて、単行本になればまたじっくりと読んでみたいと思っていた。  主人公は、50代の奈津紀・美津紀の姉妹(主に美津紀)。  体調不良や夫の浮気(それも今回は本気らしい)や多忙な仕事をかかえる二人はただ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「かぞくのじかん」2015年春号 特集は「片づけが楽になる習慣づくり」

正直、同じような内容ばかりのような気がするし、もう買うのやめよう……と、昨年は一冊も買わなかった「かぞくのじかん」。  今号はなぜか気が向いて買ってみた。  「置かない生活」「5分でキャスター台づくり」「パジャマをぬぎっぱなしにしない」「おしゃれでかわいい名前つけ」などなど、興味を持てる内容が多かったこともある。    しか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「リンネル」2015年3月号

 すてきな雑誌に出会えたかもしれません。  つい先ごろ、子どもの幼稚園の音楽会で、母親有志(といってもほとんど)で「ありのままで」を歌った時、PTA役員である私はエルサっぽい格好をして(させられて?)歌ったんだけれど、その時の周りのママ仲間の反応が、自分にとってすごく意外なものでした。  「スカート姿すごく素敵! なんでいつもスカー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「かぞくのじかん 2014春号」特集は「増やさない暮らし」

「10%増量」「今なら2割引き」と宣伝されると、ついつい買ってしまう →スペースが無駄になり、ストレスのもととなります。ないならないで、あるものでなんとかしましょう 自分の持っているものが多いのか少ないのかさえもわからない →探しものに時間を取られたり、ものの出し入れがスムーズに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バスポンプを買って快適にお洗濯

 洗濯機に付属のバスポンプが壊れてしまったのが、確か一昨年くらいだった。  以来、ずっとバケツでうんしょこらしょとおふろの残り水を洗濯機に入れてたんだけど、さすがにしんどいし、あたりがびしょびしょになるしで、バスポンプの購入を検討してみて、こちらに。  ・ホースがついている(改めてホースだけ買わなくていい)  ・できればタイマーが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松浦弥太郎「今日もていねいに。」

 「今日もていねいに。」とは、「暮しの手帖」編集長である松浦弥太郎氏が、編集後記の最後に必ず記す言葉だ。  そんな松浦氏の日々の暮らしの中の、工夫や発見をつづったものがこのエッセイ集ということなのだが―。  暮らしといっても「重曹がどうの」「整理収納がこうの」「料理が―」というようなことは出てこず、どちらかというとビジネスの上での人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「続・暮らしのヒント集」

 料理家、園芸家、デザイナー、バレリーナ、エッセイスト……各ジャンルの著名人が、暮らしのこだわりについて語る「ヒント集」である。  ものの少ないシンプルな暮らし、自然や季節とのかかわりを大事にする暮らし、古くても良いものの価値を大事にする暮らし、情報に振り回されない暮らし……。  どれも、私たちがあこがれて、それでもなかなか実行でき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「CIRCUS別冊 猛暑に負けない節電対策」

 節電の夏、皆様いかがお過ごしでしょうか?  去年の夏があんなに暑くて、「エアコンをつけよう!」大合唱だったというのに、今年の夏はこんなことになってしまうなんて、まったくなんとも言い難い思いである。  まあでも、わが家は自慢するわけではないが、以前からかなり節電には気をつけていた方だと思う。 冷蔵庫…冷蔵室はか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金子由紀子「持たない暮らし」

 今回の東北関東大震災には、阪神大震災を経験した私としても、本当に言葉がない。  何か書かなければと何度PCに向かっても、ブログにしてもtwitterにしても、何を書いても空しいような気がして、キーを打つ手が止まってしまうのである。  募金、ボランティア、節電、それ以外に、被災していない私たちにできることは何だろう。  その一つと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「クロワッサン特別編集 あなたが、片づけられない理由。」

 片づけ関係の本を買うのはもうよしなさいな、と自分でも思うんだけれど、ここまで来たらもうマニアというか、ライフワークの域に入っちゃってもいいかな、というわけでブレーキが利かなくなっている今日この頃。  それもこれも日ごろ、子供と二人きりで引きこもっているからなのだけれど。  ここ数日、この兵庫県南部でさえも積雪するくらいものすごく寒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アロマのある暮らし」

 わが家には一応、数年前に買ったアロマオイルもどきが3つある。  ラベンダー、ローズマリー、ユーカリ。  「もどき」というのは、純粋なエッセンシャルオイルではなく、エタノールが主成分の、なんちゃってアロマオイルだからである。 したがって価格もちゃんとしたオイルの1/4くらいだった。  そんなんではもちろんだめで、きちんとしたオイル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「シンプルライフをめざす基本の家事」

 あらら、気づけば1ヶ月近く放置していた。 すみません。  兼業で片手間にやっていた頃と違い、主婦業もいよいよ本腰を入れなければならなくなってきた。  そんな中、「私はひょっとして基本の基本からできていないのでは…」と反省し、こちらを読んでみることにしたのだ。  「かぞくのじかん」など、私が最近注目している婦人之友社から出てい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「かぞくのじかん」3月号は時間の使い方

 家族のこよみ……そういう表みたいなのを作るのは嫌いじゃないけど、「家族の予定」「衣・食・住それぞれに関すること」「その他」などと項目に分けて、12か月、何月にどういう予定があってどういうことをするか、書き込んでいくのだ。  大変な作業だーーー  あ、「かぞくのじかん」春号の話です。  確かに私自身、毎日毎日いろんな雑事に追われて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「かぞくのじかん」2009年9月号

 婦人之友社の「主婦日記」も絶賛記録中の私である。  といっても私の場合、マンスリーの欄は使わない。 ウィークリーの欄を半分に分けて、左半分に予定、右半分にその日の出来事や買ったものなどを書くことにしている。  そうやってみると案外、毎日日記なんて書くことないなあという感じである。  やるべきことと大事な出来事だけ書くという、ゆる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「クロワッサン特別編集 片づけ&収納」

 ヲタクかってくらい整理・収納の本があるとついふらふら読んでしまう私なんだけれど、もうこれで決定版ということにしようと思う。  いつぞやの記事に書いた「クロワッサン」誌の収納特集と内容が重複する部分もある、このムックなんだけれど、ムックの割にはいつになく価格は抑え目で、それでいて内容はかなり充実しているので、お買い得だったかなと。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「主婦日記」を付けるぞ!

 日記・手帳・家計簿大好き人間の私。  来年はこの日記帳をつけていく予定です。  「婦人之友社」なんていう、見るからにいかめしいところから出ている、古式ゆかしい家計簿、店頭で見たことがある人もいるかもしれない。  あの家計簿はあまりにも細かすぎて、いくら家計簿好きの私でもちょっとめげそうなので、とりあえず日記から始めてみることにし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミドリの「料理ノート」でオリジナルレシピを増やしています

 料理が苦手だ。  一つの食材を前に考え込んでしまうタイプだ。  きっちりしたレシピがないと何も作れないタイプだ。  母はものすごい料理好きで料理上手なので、教わろうとした時期もあるんだけれど、母は「そんなやり方ダメ!もっとこう!」と頭ごなしに怒ったあげく自分で全部やってしまうような人なので、私も嫌になってきて、キッチンにも寄…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クロワッサン「片付け嫌いを治す方法」

 いつもいつも言ってることだけれど、ここにきてかなり切実な問題となってきたのが、我が家のものが多すぎる&片付かない問題。  玄関はベビーカー(まあこれはしょうがないけど)とか、本来は庭の物置にでも入れておくべき物が散在していて、せまくて靴も脱げないし。  リビングはこれまた家具が多すぎて赤子も這えないし。  赤子のスペースである和…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジュウソイスト、その後……

 重曹を中心としたナチュラルな家事を行う人のことを「ジュウソイスト」というらしいと以前書いた。  私もぼちぼちながら、重曹やらアロマオイルやらを使った家事を続けている。  中でもヒットなのは、おむつを入れたバケツの消臭。   以前は、ミントオイルを水に溶かしたスプレーを使っていると書いたけれど、排泄物とミントの香りが混ざり合って、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

REAL SIMPLE JAPAN 12月号

 日記大好きっ子の私、ダイアリーが付録についているとあって、ついつい買ってしまった。  ちょっと紙質はぺらぺらだけれど、年、月、日ごとに書き込めて、ウィークリーのやるべきこと、日ごとのやるべきこと、メモなども書くことができ、なかなかレイアウトとしてはいいんじゃないかな。  今回は「時間術」がテーマ(というかこの雑誌はいつも「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「non・noお料理基本大百科」

家庭に入って以来、あまり得意とはいえない料理にも真正面から向き合わなければいけなくなり、毎日不慣れながらも何かしら台所に立っている。  でも無知ってのは怖いもんですね。  普通のレタスの親戚(サニーレタスとか)みたいなもんだろうと、エンダイブという葉物の野菜を買った。    これが!!  めちゃ苦だったのである{%泣く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「リサイクルの布小物235点」

 私のことを知っている人でもほとんどの人は知らない事実なのだが、小さい頃私の実家は洋裁学校を経営していた。  「学校」といっても田舎のお教室みたいなものなのだが、全盛期(つまり、女の子は中学でも出ればすぐ花嫁修業→お嫁入り、みたいな時代)は一階の教室も二階の教室も生徒さんでいっぱいだったらしい。  ところがいくら田舎でも、「女の子で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more