テーマ:健康

「100歳までボケない101のレシピ」

 「100歳までボケないって……。まだ早すぎるんじゃないの?」  とお思いの方もいるかもしれないけれど、ボケないかどうかはともかく、糖尿病、がん、脳卒中などには30代の今から予防策を講じておいた方が良いに決まっている。  それに、実家の母が66歳の現在、高血圧・高血糖・高コレステロール・甲状腺の病気・骨粗鬆症という「5K」の状態で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロワッサン特別編集「こんな生活習慣で、病気にならない」

 以前にも書いたかもしれないが、料理が苦手だ。  ひとつの食材を前に「これをいったいどうしたものか……」と考え込んでしまう方だし、レシピなしにあり合わせの材料で料理を創作することもできない。 料理雑誌を買っても、いまひとつおいしそうじゃない……珍しい調味料を買うのは面倒……などと自分に言い訳ばかりしてしまい、一向にモチベーションが上が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「神戸ラブラン チャリティーウォーク」に参加してきました!

昨日、初めてウォーキングのイベント(大会?)に出場してきた。 ユニセフのチャリティーイベントで、神戸の新長田からポートアイランドまで、14kmを5時間以内に歩くというもの。 新長田からポートアイランドがどのくらいの距離かは、神戸に詳しい方ならわかると思うが、まあ、けっこうな距離である。 かれこれ20年くらい何ひとつ運動をやっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アロマのある暮らし」

 わが家には一応、数年前に買ったアロマオイルもどきが3つある。  ラベンダー、ローズマリー、ユーカリ。  「もどき」というのは、純粋なエッセンシャルオイルではなく、エタノールが主成分の、なんちゃってアロマオイルだからである。 したがって価格もちゃんとしたオイルの1/4くらいだった。  そんなんではもちろんだめで、きちんとしたオイル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「婦人画報 12月号」

 母が入院した。  「亜急性甲状腺炎」という聞き慣れない病名で。  まあ、それほど大変な病気というほどでもなく、自然に治るものだから対症療法で…みたいなこともネットには載っていたりするくらいのものなのだけれど、それでも病気は病気だし、入院は入院だ。 やはり心配だった。  現在は退院して自宅療養中なんだけれど、もともととにかく無理し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネイチャーメイド 葉酸 を毎日飲む日々

 あいかわらずパソコンの前に2時間と座ってられない日々が続いているんだけれど、そんなことではブログの更新も滞ってしまうので、がんばって書きます。  といっても今の私の生活は、日々これ「気持ち悪さとの戦い」。  おなかは暴力的にすくのに、食べられるものは限られている。  まず困ってるのが、白米や水を受け付けないこと。「味のしないもの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ひたすら歩き続けて…盲腸入院日記③

 入院生活。それは、病状によってずいぶんその様相が違ってくるものである。  ご飯が食べられる人、洗濯ができる人、売店に買い物にいける人、お風呂に入れる人にとっては、もちろん病気のつらさはあるにしても比較的充実(?)した生活であるが、ご飯もだめ、エレベーターなんか乗れない、点滴打ってるからお風呂なんかだめ、な者にとってはほとんど苦しいだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早く寝返りが打ちたい! 盲腸入院日記②

6月12日(火)。結局寝たんだか寝なかったんだか分からない一夜を過ごし、疲れきっていた。 30秒に一度「ういーん」という音を立てて両足首が機械によって締め上げられる。一分に一度血圧が測られる。点滴も打たれている。尿管には管が刺さっていて、動くと痛む。荒っぽい看護師がその管を振っていったりすると激痛。そんなこんなで身動きがとれず、寝返り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

盲腸入院日記①

 6月10日(日)、昼寝から覚めた直後、おなかが痛くなったのがそもそもの始まりだった。  胃がぎゅ~っとしめつけられるような痛み。  こういう痛みは以前にも経験があって、そのときも半日もすれば自然と治ってしまっていたので「今回もそれかな」という感じでわりと気楽に、夕食も食べてお風呂にも入った。痛かったけど。  ところがである。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「香山リカのきょうの不健康」

 鈴木慶一、高橋幸宏、大槻ケンヂ。  言わずと知れた日本ロック界の大御所のお三方が、実はそれぞれ神経症、恐怖症、パニック症候群などの病と戦っていた(いる)。  そんな彼らと、精神科医・香山リカとの対談集。    3つの対談を読んでまず思ったのは、恐怖症や不安神経症になる人というのは、「死」よりもむしろ「生きること」を強く望んでい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more