青山陽一「Blues for Tomato」

 なかなか入手できず右往左往した前作「DEADLINES」から5年。  やっと青山氏の新作がリリースされた。  この5年の間に私の身分も大学窓口のおねーさんから子持ち専業主婦へと変わったわけだけれど、だからといってぐーたら主婦してるわけではなく、何やかやと身体も心もバタバタ、ざわついた日々を送っているし、消耗することもある。  そんな私に、そして同じようにすり減りながら生きているそこのあなたにも、肩の荷をそっと下ろさせてくれるロックアルバムである。  安易な癒し音楽というわけではもちろんない。 歌詞は相変わらずどこの国のどういう状況のどういう人の話なんだか一聴しただけでは全然わからないし、メロディーだって「そう来るのか?」とびっくりの連続。  しかしこの、なんともオーガニックというか、ざっくり編まれてるのに絶妙な肌ざわりのニットのような、このバンドサウンドを聴いていると、秋季限定の美味しいお菓子と濃いめのコーヒーで楽しむ秋の日……のように、心身ともにほぐれていく気がするのだ。  「がんばらない生き方」「くらべない生き方」……ってなんか香山リカさんみたいなフレーズが頭をかすめたりもするのだ。  今、現在のこの日本で、がんばっていない人なんていないと思う。 とくに東の方の人々は、西方面在住の私なんて及びもつかないほど日々張りつめていることだろう。  こういう時に「がんばろうよ」「ひとりじゃないよ」「乗り越えられるよ」「大切な人とどうのこうの」みたいな曲がもちろん人によっては有効に作用するのだろうが、人間はそんなに単純に出来ていない。 「歌でまでガンバレガンバレ言われたくない」と思う時もあるだろう。  街角やテレビなどで流れるそういったヒステリックでメタリックなJポップサウンドに疲れた人に、「音楽ってそんなんだけじゃないんだよ」と、このアルバムとともにそっと教えたい。 画一的なメッセージ、画一的なサウンドに囲い込まれることなく、本当に自分にとって必要な大切な音楽を各々が探し求めるべきだ。 「魂の自由」だけは各人がキープしておかないと、いつの間にか巨大な何らかの力によって取り込まれ、取り返しのつかない事態に陥ってしまうぞ……ってなんか話がすごく大きくなってますが、要するに、肩の力を抜いて、秋の夜長に聴ける作品だということを言いたいわけです。  アコースティックギターとエレクトリックギターとベースとドラムとキーボード、ほとんどそれだけで編まれたシンプルだが滋養と旨味に満ちたバンドサウンド、そしていい感じで力みが取れてなおかつ衰えを知らない青山氏の美声に酔いたい秋です。
ブルーズ・フォー・トマト
Pヴァイン・レコード
2011-10-19
青山陽一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ブルーズ・フォー・トマト の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
posted by つむ at 10:54

青山陽一「Bugcity」

 青山陽一氏のメジャー第3作である。   かわいくて憂鬱なインスト「停電」で幕を開ける本作。  どちらかというと全体に緩めののりで、それでいて今までになくポップでカラフルな、メジャーデビュー後のひとつの区切り、到達点ともいえそうな作品。  珍しく社会現象に目を向けた歌詞(「Big Child」「Bright Lights Bugcity」など)が目立つのも特徴。 まあ、この人の場合よく読まないとわからないわけだが。  クールに街や社会を切り取って見せる一方で、時々「どうしたの?」と言いたくなるくらい熱く叫ぶことも(「三日月」)。  ♪どこか遠くに君と逃げて♪なんて青山さんに歌われたらドキッとしてしまう。 まったく油断ならないのだ、この人は。  ラストはキリンジの堀込泰行との掛け合いが聴ける「4D Raven」。  サイダーとミルクティーの対決、あるいはクラッカーとキャラメルの対決とも言うべき、ある意味すさまじい声の競演である。 演奏のテンションも最高。  メジャー第1弾「So Far, So Close」が好きすぎて(300回くらいは聴いたと思う。私が所有しているすべてのCDの中でいまだにトップ再生回数だと思う)、インディーズ時代のアルバムも全部そろえて、そしてこの作品に改めて感嘆して、当時の私は本当に青山氏の音楽とともに日々を過ごしていたという感じだ。  「歌詞が難しそう…」「メロディーが難しそう…」みたいな偏見をお持ちの方がもしいたら、まずはこちらから聴いてみてほしい。 意外にも(?)素直に楽しめるはずだから。
Bugcity
徳間ジャパンコミュニケーションズ
2001-06-06
青山陽一

ユーザレビュー:
青山陽一はもっと売れ ...
キリンジとの類似点、 ...
ジャケットもサウンド ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Bugcity の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
posted by つむ at 22:23

青山陽一「Broken Words And Music In Concert」

 これは、2005年のクリスマスに行われた青山陽一氏のライブを収録したDVD。  青山氏のライブにはイベントも含めて10回くらい行っただろうか。  写真だとロックというよりはフォークっぽい(?)風貌の彼、そしてCDを聴く分にはけっこう熱唱型なのかな?と思わせるのだが、ライブでの表情はわりと淡々としたものだ。  こちらのDVDも、静かに熱く演奏する青山氏はじめBM'sの面々をクールに映し出す。  本当のライブではギターソロを楽しそうに延々と演奏する姿が印象的な青山氏だが、こちらではそれがちょっと少なめで、ギター小僧には物足りないかもしれない。  ただその分(?)本人へのインタビュー、他の参加ミュージシャンのコメントが盛りだくさん。  雑誌でのインタビュー記事を読む分には「寡黙そうな人…」という印象をもってしまうのだが、とにかく笑顔が豪快なのだ。  「メガネ男子」で青山氏のメガネ男子ぶりに注目し始めた女子にもぜひおすすめしたい。
Broken Words And Music In Concert [DVD]
ハピネット・ミュージック
2006-03-24
青山陽一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Broken Words And Music In Concert [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
posted by つむ at 11:43

青山陽一「Songs to Remember」

青山陽一氏は会社勤めをしながら2年に1枚のペースでインディーズでアルバムを発表していたが、その会社が倒産してしまい、ちょうど同じ時期にメジャーデビューの話があって、35歳でデビューに踏み切ったのだそうだ。  うーむ、そんな人生もあるんだ、と、Yahoo!オークションでの記事を読んで唸ってしまった。  そんなインディーズ時代の彼の、インディーズとはとても思えないような素晴らしい曲の数々がここに収録されている。  ざくざくしたバンドサウンド、潤いあるハイトーンヴォイス、美しいとか流麗とかいう言葉では表現しきれないメロディ、そしてイマジネーション豊かな歌詞。  青山氏のメジャー盤を聴いて気に入った方も、「どれから聴こうか迷っている」という方も、彼のルーツを知るのには必聴だと思う。 私もメジャー盤を聴いて惚れこんでからこれを聴いて、ますますのめりこんでしまったくちである。    私のお気に入りは「Cyclone」。  天気予報のBGMにでもならんかいなというような、めちゃさわやかで、台風一過の青空を思わせる一曲なのだ。  もちろん青山氏らしいちょっとどろどろしたロック「Bloody Apple Song」「Vampire」なども大好きなんだけれど。
Songs To Remember
徳間ジャパンコミュニケーションズ
1999-02-24
青山陽一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Songs To Remember の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
posted by つむ at 14:04