宝塚歌劇団雪組公演「ひかりふる路」「SUPER VOYAGER!」

 今回、望海風斗(だいもん)と、真彩希帆(きほちゃん)のトップお披露目公演となった雪組。
 マクシミリアン・ロベスピエールという、フランス恐怖政治の代名詞的な人物、おおよそヒーローとしては描かれてこなかった人物を、宝塚のヒーローらしい清廉潔白で素朴な人物として描くにあたり、演じることができるのはだいもんしかいないでしょう。

 相手役、架空の人物であり、ロベスピエールを暗殺するために近づいたつもりが愛してしまうというマリー=アンヌを演じるきほちゃんも、もうとにかく歌がうまいとは聞いていたけれど、上手いというレベルではなく、完全に「役」の歌になっていて、愛憎半ばする複雑な思いを見事に表現していた。 
 これだけヒロインのソロの歌がふんだんにある、というよりヒロインの歌で物語を進めていくといってもいいくらいなのは、宝塚歌劇としては画期的な試みなのでは? そしてそれを可能にしたのはきほちゃんの歌唱力に他ならない。 
 ボリューム、ビブラート、表現力、あらゆる面で大昔の歌うま娘役さんをほうふつとさせた。 
 ただ、彼女がうますぎて、他の娘役さんのなかでかなり聞き劣りする人が見受けられたのは(うまい人もいるんだけれどね、中にはソロがあるのが気の毒なくらいいまいちな子もいるわけで……)。
 今まで観劇してきて、本当にかわいそうなくらいソロの歌がない娘役トップさんも見てきた。 別に下手というわけでもないはずなのに、お芝居でもショーでも男役の添え物に過ぎないみたいな存在のヒロイン。 
 最近は時代の変化からか、ヒロインも自立していて職業があったり、強気で自分の力で人生を切り開いていくような女性像が増えてきている。 いいことだと思う(娘役びいきの私としては)。 やはり主たるファン層である女性に共感されなければ、少しずつ廃れていってしまうだろうから。 

 そんなきほちゃん、ショー「SUPER VOYAGER!」では声色も歌い方もまるっきり別物に変えてきていて、同一人物⁉と驚くばかり。 やや要素を詰め込みすぎなのでは?と思われる、ヴァラエティーに富みまくりのショーなんだけれど、中でもあまりの美しさに大注目の朝美絢(あーさ)が女役に扮し、二人の男をほんろうしたあげく……というアダルトな場面で、あーさのおみ足にくぎづけ。 割と男役に対しては面食いを自任している私だけれど、あーさは今まで好きになった男役さんとはまた違う美しさで、歌もしっかりしていることが今回確認できたし、ますます楽しみになってきた。
 
 そして公演デザート、「カシスノワール」がこちら↓ 私は「ラ・ロンド」でいただきました。
画像

 青い部分の素材が何なのかよくわからなかったんだけど……(食べていいものなのか、蝋とかだったら食べちゃいけないだろうし)一応、トリコロールカラーを表現していることは理解できた。
 狭そうに見えて結構広くて回転も早く、ゆっくりできるカフェで、おすすめです。

「井上涼 忍者と県立ギョカイ女子高校」展を見てきました~

 兵庫県立美術館で開催中の「井上涼 忍者と県立ギョカイ女子高校」展を見てきました
 井上涼さんについては、もうかなり有名になっていると思うので簡単に紹介すると、Eテレ「びじゅチューン!」という5分間の子供向け(でもないと思うけど)美術番組において、作詞・作曲・うた・司会・アニメーションのすべてを手掛ける映像作家さんです。
 番組の面白さプラス、個人的に応援したい理由がありまして、グッズフェアがあればはせ参じて買いまくったりしているのですが、今回の展覧会も見逃すわけにはいかず、夫と子どもと共に出かけてみました。
 「怖い絵」展の盛況ぶりに若干引きながら(県立美術館がこんなに混んでるの初めて見た)、会場である広い部屋に到着、すると壁一面に映されたアニメに、お客さんたちがぺたんと座り込んで見入っているではありませんか。
 アニメの内容は、忍者(といっても多分くノ一)Bと忍者Cが、カニに頼まれて海中に潜り、県立ギョカイ女子高校の生徒たち(つまり魚介類の女子たち)を応援するという、なんとも井上涼さんらしい脱力系の作品。
 
画像

 暗くて見えにくいですが、こんな感じです。
 
 終わってから(というか随時放映されているのですが)、売店を覗いてみるも、さすがにスペースの関係からか、涼さん関連のグッズは少ないようでしたが、「びじゅチューン! ぬりえ」はしっかり発見できました。
 まあ、すでに持ってるんですけどね(持っとるんかい)。
 twitterで、自分が塗った絵を投稿すると抽選で何か当たるというようなのをやっていたようですが(8月31日まで)、恥ずかしくて投稿できませんでした。塗り絵、好きなんだけど下手なんですよね……。
 
画像

 「夏野菜たちのランウェイ」。お手本はバックが真っ白だったのですが、ランウェイっぽさを出すべくスポットライトを当ててみました。
 
 楽しかった! やはり年に一度は美術館に行ってみたいものですね(もっと多く……)。


びじゅチューン! ぬりえ
小学館
井上 涼

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by びじゅチューン! ぬりえ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


北陸旅行へ行ってきました。

北陸旅行へ行ってきました。

三方五湖サービスエリアで抹茶ソフトクリームを食し、徳光パーキングエリアまで車を飛ばし……。
しかし思うのですが、舞鶴・若狭自動車道から北陸自動車道っていうんでしょうか、あまりSAやPAが途中にないものだから、徳光PAでめちゃ混むんですよね。それでもなんとか海が見える二階の席をGETし、カレーを食し、金沢まで。

金沢城をじっくり見て、武家屋敷へ。「和菓子 村上本店」にてかき氷を食し(食べてばっかりやな)、福井から石川にかけての地域にしか存在しないといわれている、ウサギや桃、菊などのかわいらしい「棟止瓦」を見つけました。
画像


北陸では回転寿司店で美味い海産物を食うべし!との兄の主張に基づき、「金沢まいもん寿司」というお寿司屋さんでまたしてもたらふく食べ、山中温泉内のホテルへ。これで一日目は終了しました。

翌日、ホテル周辺の遊歩道を散策。
画像

あやとりはしを渡り、道場六三郎氏考案のスイーツが食べられるという川床を経て、ずんずん歩きます。
正直、欄干がない場所も多く、怖いです。すべるような靴は絶対ご法度です。

やっとのことでこおろぎばしまでたどり着き、お酒屋さんでお土産を買い、次なる目的地、東尋坊へ。

実はあまり気が進まなかった東尋坊行き。
怖そうなイメージしかなかったのですが、観光客も多く、崖までの道には商店街があり、おいしそうなイカ焼き、トウモロコシ焼きなどのいい匂いが立ち込め、怖さも忘れて楽しく歩いているうちに気づけば崖っぷち……。
画像

スターバックスでもなく、「すなば珈琲」でもない、「IWABA CAFE」(岩場カフェ?)なるおしゃれなカフェもあって少し笑えます。

福井って立派な鬼瓦を擁したお宅が多く、家というものにかける思いの熱さを感じます。
関西だとお寺にしか付いていないようなすごい鬼瓦が、普通のお宅にぼんぼん付けられているのに圧倒されつつ、福井市内に入りました。
かわいい路面電車「フクラム」がお出迎え。
画像


福井城址を散策した後、ここまで来たらやはりお約束の永平寺へ。
霧雨そぼ降る中の参拝となってしまいましたが、それもまた趣あるものでした。
画像


(おまけ)関西地方ではなかなか見つからない、サンエックスのキャラクター、「くつしたにゃんこ」。
北海道の親戚からペンケース型のぬいぐるみをもらって以来、ずっと他のグッズを探していたのですが、ついに、徳光PA内のお土産屋さんで指人形になるぬいぐるみを見つけたのでした。
画像

「みみちゃん」と名付けてかわいがっています(本名は「ぼんちゃん」というそうですが)。

仕事を久しぶりに忘れて、何者でもない自分に戻れた(かな?)楽しい旅でした。
ちなみに「てくてく歩き」というガイドブックを参考にしました。

金沢・北陸 (ブルーガイドてくてく歩き)
実業之日本社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 金沢・北陸 (ブルーガイドてくてく歩き) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「歌劇」5月号と、なんということもない私の一日

 ずいぶんブログを更新しませんでしたが、その間に、再就職してから1年がたち、少しは業務の流れにも慣れてきました。 
 昨日はGWまっただなかということもあり、なんとまじでたった一人での勤務となりました。
 一人となると気が抜けるもので、汚れの目立つパンツを薄手のチュニックで隠し、着流しカーディガンに、足元はまさかのレザースニーカー! というお気楽な格好で出勤してみました。
 いわゆる社員食堂のようなものも閉店していたので、近所の居酒屋さんのランチを狙っていくも、なんと喫煙OK! 入った途端けむくてけむくて断念。 仕方なく普通のカフェでパスタを食べていたところ、いいアイディアが。
 そーだ、帰りに地元の書店で買おうと思っていた「歌劇」5月号、向かいの書店で買っとけばいいんだ!
 食後、書店に駆け込み、うるわしのみりお様表紙の5月号をそっとゲット、しかし仕事をさぼって読みふけるでもなく、ちゃんと仕事はこなし(えらいなあ自分)、帰りのバスの中で星組スカピンの舞台写真なんぞうっとりと見とれ、家で子供(9)に「ほら、あんたの大好きなみりお様やで」と自慢し、そんな感じで過ぎた一日でした。
 そんな、なにげない日々を過ごしている私ですが、以前ほどではないにせよ、時々不安、失敗にともなう落ち込み、将来への漠然とした恐怖……みたいなものにさいなまれ、そこに日常のあれもしなくちゃこれもしなくちゃが加わり、どうにもこうにも思考が先に進まないこともあります。
 そんな時は、いったん思考を打ち切ってゼロにし、全然違うことを考えることで、現実逃避というのともちょっと違うのですが、精神安定を図ります。 これがけっこう効果的。
 私の場合、考えることは、宝塚か文房具か。
 文房具も大好きで、次どんな色のペン買おうかなあとか、来年の手帳はとか、マスキングテープはとか考えるだけでも楽しいのですが、宝塚もしかりで、つぎは誰がトップに?とか、あの娘役ちゃんかわいいなーとか、次にあの演目をやるとしたら何組でキャストは誰で……とか、そんなことを考えていると頭がクリアになってきて、次に進めるんですよね。
 誰にでもそういうものはあるはず。 私にとってはそれが宝塚。 「歌劇」1,100号、本当にめでたいことです


歌劇 2017年 05 月号 [雑誌]
宝塚クリエイティブアーツ
2017-05-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 歌劇 2017年 05 月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


宝塚歌劇団花組公演「雪華抄」「金色の砂漠」

 ……いやー、オリジナル作品でここまで世界観に引きずられて、翌日もぼーっとしてるのなんて初めてです。
 12月4日(日)、ムラ11時公演を見てきました!
 まずは日本物レビュー「雪華抄」
 日本の四季の美しさを分かりやすく、寝てしまいがちな日本物のショーを飽きさせないように、途中で激しめのシーンを盛り込んだり、作者の工夫が随所に感じられた。
 またしてもうちの8歳男児とともに観劇したんですが、やはりちょっと退屈気味だったかなあ…。
 ヅカの日本物ショーの美しさが理解できるまでにはまだだいぶかかりそうです。

 それにしてもトラジェディ・アラベスク「金色の砂漠」ですよ。
 なにやらすごく評判がいいらしい新進演出家・ウエクミこと上田久美子先生。
 いつかはウエクミと(クラウンかい)希望していたのがこんなに早くかなうとは! 見ることが出来て本当に良かったです。
 ストーリーを簡単に。
 いつかの時代の砂漠の中の国。 イスファン国の第一王女タルハーミネ(花乃まりあ)には「ギイ」(明日海りお)という奴隷がいた。
 奴隷でありながらなぜか誇り高いギィは、美しいタルハーミネを恋の前に屈服させたいという思いを募らせる。
 タルハーミネもギィを憎からず思っていたが、王女としての誇りゆえ、わざと高圧的にギィを虐げていた。
 タルハーミネとテオドロス王子(柚香光)との婚礼の前夜、ギィは力ずくでタルハーミネを我が物にする。
 王国を出て行こうとする二人の前に兵士たちが立ちはだかり、ギィの思いがけない、そして悲惨な出生の秘密が明かされる。
 王国への復讐に燃えるギィは、そしてタルハーミネとの愛憎の果てにあるものは……

 いい意味ですごく重い。 
 生と死が常に隣り合わせの、力ある者のみが生き残る古代の砂漠地帯の王国。 
 そんな世界で、命がけで愛し、命がけで憎むというテーマの重さに、スターさんを見るという目的を忘れてお芝居に見入ってしまった。
 そう、宝塚の場合、お芝居の内容が多少まずくとも、美しいスターさんを見ることが出来るのなら無問題という、他の劇団とはちょっと違う事情があるのだが、この作品ばかりは。
 みりお(明日海)はもちろん美しい。 かのちゃん(花乃)も、キキちゃん(芹香斗亜)も、れいちゃん(柚香)も、べーちゃん(桜咲彩花)も美しい。 たそちゃん(天真みちる)は初めてきちんと見るのだが噂通りの面白さ。 
 そうなんだけれど、スターさんの魅力以上に物語の力に引き込まれて、熱にあてられて、イスファン国から心が戻ってこれないのよ~
 原作がない、他所のミュージカルの再演でもない、史実でもない、まったくゼロから演出家が作り出したオリジナルミュージカルの中では(私が見た中では、という話だが)、まちがいなくダントツの素晴らしさだった。
 その素晴らしい台詞をもう少しかみしめて見たかったのだけれど、残念なことに早口で聞き取れない演者がけっこう見受けられて……。
 東京ではそのあたり改善してほしいです(偉そうだけど)。
 あと、かなり高くセリが上がって(しかも回りながら)、その上で踊ったりお芝居したりするシーンが多くて、ハラハラしてしまった。 どうか落ちないで!と祈りながら見ていたよ。 
 しかしそれらダイナミックな舞台演出も功を奏し、本当になんともいいようのない、腹にずしんと重く残る作品であることは確か。
 東京で見る方はぜひ期待してほしいですね。 
 今回、ハンカチは要らないかもだけど、あとあとまで引きずりすぎて実生活に支障が出ないように

宝塚歌劇団雪組公演「私立探偵ケイレブ・ハント」「GREATEST HITS!」

 11月5日、11時公演を見てきました!
 もう今日がムラ千秋楽なので、見た人も多いでしょうが、簡単にストーリーを。
時は20世紀中頃のアメリカ。私立探偵ケイレブ・ハント(早霧せいな)は、映画の撮影現場で、エキストラの女優・アデルが死亡する場面に居合わせる。仲間のジム(望海風斗)、カズノ(彩風咲奈)らが追っている事件とも共通する点があることがわかる。アデルの両親が娘の行方を捜してほしいと依頼してくるが、両親も直後にひき逃げ死してしまう。事件のカギは芸能プロダクションの社長・マクシミリアン(月城かなと)が握っているらしい。マクシミリアンと一緒に仕事をしているケイレブの恋人・イヴォンヌ(咲妃みゆ)も、ケイレブの身を案じながらも彼を支えるが……。 

 雪組を見るのはなんと、「仁」以来ということで、かなりメンバーが入れ替わった雪組に戸惑いが。「あの人がこんなにも歌を任されている!」「あの人にこんな一面が!」と発見もいっぱい。
ちぎちゃん(早霧)のトップ姿を見るのも初めてなわけだけど、すっきりキレイでスターオーラも抜群。
 ゆうみちゃん(咲妃)に至ってはちゃんと見ること自体初めて。 なんというか、砂糖菓子のようなかわいらしいルックスから、もっと声もかわいいのかなと思っていたけれど、意外とリアルな普通の女性の声で全編通していて(そういう演出だったんだろうけど)、いい意味で驚いた。 自然体の演技がすごく上手で、ドラマじゃなく舞台でこれだけ自然な演技ができるとはすごい。 もちろん歌も上手。
 だいもん(望海)、さきちゃん(彩風)、私の特にお気に入りのれいこちゃん(月城)、などなど雪組はキレイどころぞろいで、微妙な人がほとんどいない。 目の保養になったわ
 
 実は………今回は私観劇史上初の、重大な案件をかかえての観劇だったのです。
 その案件とは、「8歳の息子と一緒に無事観劇すること!」
 彼にとって、宝塚観劇は実は初めてではない。 「エル・アルコン」「アデュー・マルセイユ」を一緒に観ている。 しかしそれは、お腹の中でのことであって、この世に出てきてからは初めて。 お行儀良く、声を出さず、ぐずらず、途中でおしっことか言わず、観てくれるだろうかと心配だった。
 しかし、みりお(明日海りお)トートの「エリザべート」ブルーレイを見てからというもの、一度でいいから自分も生で観劇したいと言ってきかなくなった彼、しかたなく(?)連れてきたのでした。
 しかも探偵もの、難しい用語が飛び交う犯罪もの、派手でもない正塚先生もの(ごめんなさい)、退屈しないか心配だったんだけれど、なんのなんの、途中ちょっと飽きてきたらしく私の手を握ってきただけで、静かにじっくりと最後まで観劇してくれて、母は感動したよ。

幕間、外のテラスで、夫が買ってきてくれた「ルマン」のサンドウィッチを食べていると、鳩たちがぽぽぽぽとやってきて、私たちがこぼしたサンドをおいしそうにつっついていた。
 きっと彼らの腹時計の中では、開演前~幕間~終演後~次の開演前~幕間~終演後というスケジュールがインプットされていて、いつこのテラスに居れば旨いものにありつけるかよくわかっているのではないだろうか

 ショー「GREATEST HITS!」はその名の通り、古今東西の名曲を集めた賑やかなレビュー。
 うちの子は、夫がいつも見せている(私はやめてほしいと思ってるけど)「空耳アワー」で出てきた、チェイスの「黒い炎」にすぐさま反応し、隣の私をつついてにこっと笑ったけれど、あとは行儀良く、拍手すべきところで拍手し、手拍子すべきところで手拍子し、おとなしく観ていてくれた。
 私はとりあえず、ひめちゃん(舞咲りん)の歌姫っぷりに圧倒されたわ。 お芝居の方のくらっち(有沙瞳)もすごい歌い手さんだと思ったけれど。 基本、娘役びいきの私としては、歌えてかわいい娘役さんは大好物である。 

 キャトルレーヴで「歌劇」最新号と卓上カレンダーとやること付箋を、ソリオ内の書店「サンクス」で「ZUCCAZUCA」3を買い、大満足で帰路についたのでした。
 本当に、子どもと一緒に観ることができたことがなにより感動的。 男子なのでタカラジェンヌにはなれないけれど、演出家になってくれないかなーとか無理な願い事を(阪急阪神ホールディングスに就職するでもいい、阪急電車のどこかの駅の駅長さんになるでもいい、スポニチの芸能記者になるでもいい、とにかく宝塚に関連する仕事に……)……そんな母を尻目に、次作「金色の砂漠」のみりおにうっとりしている8歳男児なのでした(やっぱりみりおが好き)。

「宝塚OG style キレイの秘密」

 ヅカファンにとって最も身近に存在している素敵女子、それはもちろんタカラジェンヌ。
 男役さんのカッコ良さ、パンツスタイルの着こなし、娘役さんのかわいさ、ワンピの着こなし、ヘアアレンジ、マネしたいところいっぱい。
 けれどノウハウを知るすべがなかなかなかった。
 本書はそんなヅカファン(以外も、美を追求するすべての女子)にジャストなムック本です。
 メイク、ヘア、ファッション、メンタル、ボディケア、などなどなど、少しでも彼女たちのレベルに近づくために頑張ってみるもよし、ただただかつて憧れていたOGジェンヌさんの変わらぬ美しさにうっとりするもよし、本当にお得な一冊だった。
 いきなり真飛聖、音月桂、凰稀かなめ、と、うちの夫が好きなOGジェンヌ3連発かい! これは夫得でもある。
 まあそれはさておき、全体に娘役さんが多いなと感じた。
 それにトップさんレベルのスターさんというよりは、そこまではいかなかったけれど現在とても輝いているスターさんが多いように思う。 うれしいチョイスである。
 写真家、メイクアップアーティスト、スタイリスト、バレエ講師、デザイナー、キャスター、女優、それぞれ本当にいろんな道に進んで、キラキラ輝いてるんだなあ。
 もちろん結婚して母親になっている人もたくさん。
 女性はどんな道を選んでも、自分が好きで選んだ道である限り、精いっぱい頑張って輝こうとする生き物なんだよなあ。
 私もがんばろう。
 まずはヘアオイルから変えてみようかしらん。


宝塚OG style キレイの秘密 (e-MOOK)
宝島社
2016-09-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 宝塚OG style キレイの秘密 (e-MOOK) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル