小学校PTA副会長もあと5ケ月……!

 加納朋子さんのPTA小説を続けてレビュー(というほどのこともないけれど)しましたが、「PTAって、人が思うほど恐ろしい所ではありません。もっと恐ろしい所です」という言葉がぴったりの、前近代的で時代錯誤で自己犠牲的な、そういう場ではあります。

 我が小学校は児童数も少なく、2クラス作るのがやっと。数年前は廃校の危機とまで言われていました。
 ところが市長の方針で、「子育てファースト」に思いっきり舵を切ったこともあり、そんな不動産屋さんにまで見捨てられていた我が町にも子育て世帯が増え始め、廃校の危機はとりあえず免れてはいます。

 しかし世帯が増えたからといって、PTAの負担が減るわけではありません。
 専業主婦が多かったこの街も今や働くお母さんが主流で、かといって働いていることを辞退理由にはできないため、結果、お人好しで仕事もPTAも引き受けてしまう性質の人に、負担が集中するかっこうになっています。
 
 「PTAの何が嫌? トップ3」というのがあるとするなら、以下のような感じでしょう。
1.仕事を休まなければならない(「またPTAで休みか……」「なんで役員なんてなったの?」などと嫌味を言ってくる上司も)
2.ボランティアのわりにやるべきことが多すぎる(日給5,000円くらいは欲しいくらいの仕事量)
3.やる人とやらない人の負担感の差が大きすぎる(不公平感はんぱない)
4.「子どものために」やっているはずが、自分の子どもを犠牲にしている(PTAの業務のために子どもに学童に行ってもらうとか、なんか変じゃない?)
5.実働部隊は母親ばかり(父親が出てくれる家庭もあるけれどまだまだ十分ではない)
6.地域の各団体との付き合いに忙殺され、本当にPTAとしてやりたいこと(子供とゲームとのかかわりについて保護者みんなで話し合う、いじめや不登校問題や学級崩壊問題を話し合って解決に導く、など)がまったくできない

 あれ、トップ6になってしまったが、こういうのがあることを人づてに聞いたり、ネットで見たりして、なんとなく怖そうなイメージができてしまい、仕事などを理由に役員から「逃げ」たり、PTA自体に加入しなかったりという(実は任意であるということがネットで広まっていることもあり)保護者が増えていて、担い手が少なくなり、選出会は本当に我々本部役員にとって重荷になってしまっています。

 けれどPTA側にも問題があって、嫌々やってるからついつい顔も怖くなり、すんごい負担が多いからそれを隠しておかないと誰も引き受け手がないだろうという恐怖からことさら業務内容を隠し倒し、引き受けてほしいからとはいえついつい威圧的な「選出会には必ず出席して下さい」みたいな文言を書いてしまい、つまり私たち自身も「PTA=怖い」というイメージを助長してしまっているところがあります。

 とはいえ、やっぱりしんどいもん。緊張もするもん。失敗したら責められるもん。笑顔ではできませんよ。

 なのでここはやはり、各方面と協議の上で少しずつでも業務を減らしていく。 それと同時進行で、業務の「見える化」を少しずつでも進めていく。 せめて時間的な拘束がどれくらいかくらいは公開したっていいはず(基本的に子供が学校に行っている時間であることすら知らず、午後とか夜とか土日とかも業務があると思ってる人は多い)。
 
 少しずつ負担を減らしていくことで、役員の笑顔も少しずつ増えていき、どんな状況下にいる人でも無理なく参加できる「持続可能なPTA」ができていくと思うんですけどねえ。

 PTAが消滅しちゃってもいいのなら私も何も言いません。
 でも実際、困るんでしょ? 地域のお祭りができなくなるんでしょ? 登下校の見守りをしてくれる人もいなくなるんでしょ?
 子どもたちや学校や地域のためにPTAが必要なのであれば、存続可能な状態にしていかないと……。

 なんてことを、実際の話し合いの場ではなかなか発言できず(みんなが発言しまくるから)、こういう場にしか吐露することができないのでありました。

幼稚園PTA役員だった頃はこんなんでした

PTA
 そんなわけで、PTAと学童の役員として絶賛大忙し中の私だが、実は5年前は、幼稚園のPTAやってたんである。 

 私は本部役員ではなく、愛護人権部の副部長という、そんなに忙しくなさそうな役職だったので、まあ本部の人たちみたいにずっとPTA室に「住んでる」ようなことにはならないだろうと高をくくっていたら、「住んでる」まではいかないまでも「プチ出勤してる」くらいの忙しさにはなっていた😖
 ベルマーク集計や庭の草引き、地域の人権協議会への出席、保護者全員大掃除の指揮などを主な業務としていて、一年通してずーっと地味に忙しいという感じだった。
 生協の協同購入も2週連続お休み、下手したら3週連続お休みということも。
 
 当時の日記を抜粋してみると……。

 ☀あっつ~い……。覚悟していたとはいえ、7月のPTA室、扇風機のみ、窓あけ放し、8人くらいのお母さん方でむんむんの中、ベルマーク集計したり書類作成したり打ち合わせしたり。夢中でやってるから熱中症になりかけても気づかない。恐ろしい。お茶飲んで辛いお煎餅食べて乗り切った。

 ☀一学期最大の山場! 草引き&地区別懇談会、無事乗り切ったぞー! ああ暑かった😵私は草引きチームだったので収納用品の搬出しないで済んだけど、搬出チームの役員各位お疲れ様でした。えらい時に役員になってしまったものよ。

 ☀ナイトウォーキング~。なんていうおしゃれなものではなく、ただ単に中学校区PTA及び地域の人々とパトロール👟 蒸し暑いし、うちから中学まで2往復もさせられて疲れた~。晩御飯の時間帯だったのでこっちはおなかもすいてるし……。

 ☀朝から草引いて打ち合わせして歩いて買い物行って家で弁当食べながらP仕事してこれから七夕飾りつけして、その上で炎天下、子供の公園遊びにつきあう&へたすりゃ誰か連れてくる……もう勘弁してくれ😵 でも勘弁してくれないのが子供なんだよな。

 ☀PTAでテトラパックを回収してるんだけれど、なかなか集まらない😵 軽く洗った状態で持ってきてもらったらいいんだけれど、それも面倒っちゃ面倒だものねえ。そしてそれらを切り開いて、ずぶずぶにぬれたやつをもう一度きれいに洗って乾かすのは我々の仕事…

 ……なんか😵マーク連発で、しんどかったんだなあと改めて。
 この幼稚園のPTAに比べたら、小学校のPTA なんて屁やで、と先輩ママに言われていたが、なんのなんの、小学校だって結構大変じゃないか。
 まあ、毎日出勤でこそないものの、仕事しながらだとやっぱり、行事を休んだり仕事の方を休んだり、夫に休んでもらったり、なんだかんだと調整が必要。
 一番の違いは、幼稚園は「専業主婦である」という前提があったこと(まあ、最近の幼稚園は働くママさんも多いかもだけど)。
 小学校はといえば、現に我々PTA本部役員はほぼ全員が働くママである。すべての行事に出席することなどとてもではないができない。「出られる人が、出られる日に」が原則となる。私も会長の代理でずいぶんいろんな団体の総会に出席した。
 私が住む地域では、秋に最大のイベントがある。幼稚園PTAの頃だってそのイベントの準備はものすごく大変だった。しかし小学校PTAではまた別の大変さがある。なんと、すべての団体をとりまとめ、資料を作り、実質的な運営をしていくのが、小学校PTAなんである。
 勘弁してくれよ……😵😵😵
 なんでそこまでやらなきゃいけないのか……嘆いていたらきりがないので、また別の機会に続きを書きます。やれやれ。