宝塚歌劇団月組公演「夢現無双」「クルンテープ 天使の都」

 4月13日(土)、ムラの千秋楽ももうすぐですね。観てきました!

 ご存じ宮本武蔵の半生をミュージカル化した「夢現無双」。

 といっても歴史に詳しくない私はよく知らなくて(さすがに巌流島くらいは知ってるけれど)、次々に出てくる剣の達人との戦いにそれほどワクワクする感じがしなくて、なんというか、全体にさらーっと駆け足で流れてしまった印象。

 沢庵和尚(光月るう)にどんなに諫められても、剣を捨てられない武蔵の心情とか、お通(美園さくら)の思いに応えたくても応えられない揺れ動く思いとか、そういうドラマ部分をもう少し掘り下げて丁寧に描いてほしかったかな(偉そう)。

 武蔵(珠城りょう)の幼馴染で、実力がありながら身を持ち崩す又八(月城かなと)が笑いをとれる役で儲け役。ひょんなことから佐々木小次郎(美弥るりか)になりすまし、モテ男になるも、本物の小次郎に出くわして……! という場面をれいこちゃん(月城)がコミカルに演じた。かっこいいれいこちゃんにはもったいない役のようにも思えたが、新境地か。

 ショー「クルンテープ 天使の都」は、タイというテーマについていくのがやっとで、いつものように爆泣きというところまではいかなかったが、もちろんきらびやかで十分楽しめた。

 なんてったって、ありちゃん(暁千星)のおみ足!!

 ショートパンツに美脚にピンヒールで踊りまくる!!

 とにかくヒールが若い頃から苦手で、ローヒールばかり、それでも足が疲れちゃう私は、ピンヒールで歩ける人を無条件に畏敬の念で見てしまうのだが、踊るんだよ! まあ身体能力抜群のジェンヌさんにとってはなんてことないのだろうが、やっぱりすごいよね。

 すごいといえば輝月ゆうま。 娘役にしてはかなり大柄のグリーンのドレス姿の人、男役なのかな? ソプラノも男役の声もこなしちゃうあのすごい歌唱力の人だれ? あとでプログラムで確認して、あの人がまゆぽんなのねと初めて認識。 「学校へ行こう!」のタカラヅカ受験特集で、身体が硬くて泣きながら開脚していたあの子がと思うと、感慨深い。
 
 桜も満開の時期、土曜日とあって劇場内も混み混み。
 なにかおみやげでも……と思うも、売店も人でいっぱい。 仕方なく(?)、「ラ・ロンド」で公演デザートを食べつつほっと一息。

 「花のみち」の桜ばかりに気を取られてしまいますが、足元にはこんな可憐なすみれも咲いていますよ。
画像