宝塚歌劇団花組公演「雪華抄」「金色の砂漠」

 ……いやー、オリジナル作品でここまで世界観に引きずられて、翌日もぼーっとしてるのなんて初めてです。
 12月4日(日)、ムラ11時公演を見てきました!
 まずは日本物レビュー「雪華抄」
 日本の四季の美しさを分かりやすく、寝てしまいがちな日本物のショーを飽きさせないように、途中で激しめのシーンを盛り込んだり、作者の工夫が随所に感じられた。
 またしてもうちの8歳男児とともに観劇したんですが、やはりちょっと退屈気味だったかなあ…。
 ヅカの日本物ショーの美しさが理解できるまでにはまだだいぶかかりそうです。

 それにしてもトラジェディ・アラベスク「金色の砂漠」ですよ。
 なにやらすごく評判がいいらしい新進演出家・ウエクミこと上田久美子先生。
 いつかはウエクミと(クラウンかい)希望していたのがこんなに早くかなうとは! 見ることが出来て本当に良かったです。
 ストーリーを簡単に。
 いつかの時代の砂漠の中の国。 イスファン国の第一王女タルハーミネ(花乃まりあ)には「ギイ」(明日海りお)という奴隷がいた。
 奴隷でありながらなぜか誇り高いギィは、美しいタルハーミネを恋の前に屈服させたいという思いを募らせる。
 タルハーミネもギィを憎からず思っていたが、王女としての誇りゆえ、わざと高圧的にギィを虐げていた。
 タルハーミネとテオドロス王子(柚香光)との婚礼の前夜、ギィは力ずくでタルハーミネを我が物にする。
 王国を出て行こうとする二人の前に兵士たちが立ちはだかり、ギィの思いがけない、そして悲惨な出生の秘密が明かされる。
 王国への復讐に燃えるギィは、そしてタルハーミネとの愛憎の果てにあるものは……

 いい意味ですごく重い。 
 生と死が常に隣り合わせの、力ある者のみが生き残る古代の砂漠地帯の王国。 
 そんな世界で、命がけで愛し、命がけで憎むというテーマの重さに、スターさんを見るという目的を忘れてお芝居に見入ってしまった。
 そう、宝塚の場合、お芝居の内容が多少まずくとも、美しいスターさんを見ることが出来るのなら無問題という、他の劇団とはちょっと違う事情があるのだが、この作品ばかりは。
 みりお(明日海)はもちろん美しい。 かのちゃん(花乃)も、キキちゃん(芹香斗亜)も、れいちゃん(柚香)も、べーちゃん(桜咲彩花)も美しい。 たそちゃん(天真みちる)は初めてきちんと見るのだが噂通りの面白さ。 
 そうなんだけれど、スターさんの魅力以上に物語の力に引き込まれて、熱にあてられて、イスファン国から心が戻ってこれないのよ~
 原作がない、他所のミュージカルの再演でもない、史実でもない、まったくゼロから演出家が作り出したオリジナルミュージカルの中では(私が見た中では、という話だが)、まちがいなくダントツの素晴らしさだった。
 その素晴らしい台詞をもう少しかみしめて見たかったのだけれど、残念なことに早口で聞き取れない演者がけっこう見受けられて……。
 東京ではそのあたり改善してほしいです(偉そうだけど)。
 あと、かなり高くセリが上がって(しかも回りながら)、その上で踊ったりお芝居したりするシーンが多くて、ハラハラしてしまった。 どうか落ちないで!と祈りながら見ていたよ。 
 しかしそれらダイナミックな舞台演出も功を奏し、本当になんともいいようのない、腹にずしんと重く残る作品であることは確か。
 東京で見る方はぜひ期待してほしいですね。 
 今回、ハンカチは要らないかもだけど、あとあとまで引きずりすぎて実生活に支障が出ないように

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス