AERA with Kids特別保存版「2015 小学生からの子育てバイブル」

 小学1年生の段階でこんな本買うのはちょっと早い気もするのだけど、うちの夫が悩んでいるので。
 夫が卒業し、このままいくとうちの子も入学することになる、地元の公立中学校は、今はそんなこともないようだけれどかつては県内で3本の指に入る「ワル中」「教育困難校」だったのだという。
 とにかく「勉強なんかやって何になるねん」という校風。
 よほどひどい成績でなければ誰でも、市内に6つある県立高校に振り分けてもらえるという、受験へのモチベーションを高く持ちようがない制度のせいもあって、よく言えばのんびり、悪く言えば向上心のない環境だったそう。
 最近になって、隣市の県立進学校へも入れるようになったため、少しは勉強への意欲も高まってきているようなんだけれど、それでもやはり受験のノウハウという面ではかなり遅れていて、正直なところ先生方も親御さんも、高校受験に関しては手探りというのが現状。
 そんな地元の状況に夫は危機感を持っているのだ(ちなみに夫はその中学校でずっと1番、高校は私立進学校に進んだ)。
 今のまま手をこまねいていて、その中学校に進み、安きに流れて勉強しなくなってしまったらどうしよう、悪い連中(というのがどの程度存在するのか知らないが)に足を引っ張られたらどうしよう、やはり中学受験するべきでは……という夫の迷いを少しでも解消できればと思い、この本を買ってみた。
 
 わが県には、日本人なら誰でも知っている天下の進学校が存在しているんだけど、そんな所には0歳の段階で幼児教室にでも行ってないと入学できない。 そんな欲張りなことは言わないから、そこそこレベルが高く、そこそこの大学を狙える中学・高校を考えておくべきなのかしらん、と思いながら読み進めてみたが、意外にも、本書は公立中学校を全否定しているわけではないのである。 雑多な人間が集まる中でもまれることも、人格形成に大いに意義があると。
 まあ、きれいごとといわれればそれまでだけれど。 だってやっぱり、どーしようもないワルからはなるべく我が子を遠ざけたいと思うのが親心。 すでに今の段階から、「あの地域の幼児は相当ワルいらしい」なんて噂も耳に入ってきている。 正直、我が子の中学校生活が心配になってしまう。
 しかし現実、近くに安心して通えるそこそこのレベルのお受験中学がないのもあって、このままいくとやっぱり地元の公立中学かなあ。 となると、とりあえず今の段階から中学~高校~大学に至るまで、勉強というものを嫌いにならない子育て法を身につけておいた方がよさそうだ。
 子どもに勉強させたければ、親も勉強すること。 簡単な資格試験でもいい、親が何かしらの目標に向かって頑張って机に向かっている姿を自然に見せていれば、子どもも「勉強って素晴らしいものなのだ」と思うようになるのだ。 という記事には同感した。 我が家も、夫が社会人大学院に通ったり、私がなんだかんだとリビングのテーブルに向かっているせいもあって、子どもも自然とテーブルに向かって勉強したりお絵かきしたりしているから。
 ただ、感心しなかった記事は、「中学受験に父親が積極的な場合は要注意。 父親は子どもを追い込んでしまいがちだから。 口は出さずに金を出すというのが父親の理想的な姿」という、とあるカリスマお受験ママの言葉。 子育てに父親ももっと関与すべき、という世の流れに逆行しているなあ。 子どもを追い込んでしまわないような父親の関わり方というのもあるはずなのに。 まだまだ父親の子育てってのは発展途上なんだろうな、この国は。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)