「リンネル」2015年3月号

 すてきな雑誌に出会えたかもしれません。
 つい先ごろ、子どもの幼稚園の音楽会で、母親有志(といってもほとんど)で「ありのままで」を歌った時、PTA役員である私はエルサっぽい格好をして(させられて?)歌ったんだけれど、その時の周りのママ仲間の反応が、自分にとってすごく意外なものでした。
 「スカート姿すごく素敵! なんでいつもスカート履かないの?」
 そう言われてみれば、男子を出産してからこのかた、子連れで外出するときにスカートを履くことがまったくなくなったことに気づいたのです。
 ちょろちょろちょろちょろ走り回る男子を追いかけるのには、確かにスカートでは危険。 まして今流行りのマキシスカートなんて……。
 だからいつもレギパンにチュニックや、ジーンズ姿が自分の中で定着していて、気づけば普段使いのスカートを一着も持ってませんでした。
 しかし、手持ちのデニムワンピを着てみたくらいで、まさか「素敵!」なんて言われるとは思ってもみなくて、やっぱりほめられるとまんざらでもないもの。
 子どもも小学生になることだし、そろそろスカート解禁してもいいかな?と、本当に久しぶりにファッション雑誌に手を伸ばしてみたのです。
 といってもバリバリワーキングウーマン雑誌でもなく、デニムが主流のママ向け雑誌でもなく、ナチュラル系のこの雑誌を選んでみたのは、ふんわりしたロングフレアスカートやマキシワンピの着こなし方が載ってそうだったから。
 
 この雑誌の素敵ポイントは、活字が多いこと。
 ファッションに偏ることなく、暮らし、料理、収納、手作りアクセサリー、手作り洋服、カルチャー、連載小説などなど、なかなか内容も豊富。
 しっかりした製本もポイント高いです。
 この雑誌の一番の売りであろう、毎月の付録。 今月は巾着型トートバッグということで、温かみのある黄色のキルト素材のトートは、お弁当でも入れてちょっとお出かけという分にはちょうどよさそうです。 スーパーに持っていくエコバッグには少々小さいですが。
 この付録目当てなのか、発売日に書店に行ったのに、もう1冊しか残ってなかったのには驚きました。
 
 さて、肝心のナチュラルな着こなしですが……。
 昔からファッション雑誌をいくら眺めても、ちっともピンとこなくて、「ふうん、そういう着こなしが素敵なんだ」と頭では理解するんだけど実践が伴わない私。
 この雑誌も、徹底してナチュラルな色遣いのようで、白シャツにネイビーのデニム、ベージュのカーゴパンツ、黒ワンピ、みたいな感じで、どうなんでしょう。 ちょっと地味かなー…………?
 素敵な人が着こなせば素敵なんだろうけれど、なんか……私にはよくわかりません。
 身体のラインが思いっきり隠れるこの手のシルエットって、私が大学1年の頃にも流行ったけれど、「太って見える」として急速に下火になったんじゃ……?
 少々ボリュームアップして見えても、ナチュラルそうで幸せそうだったらいい、ってことなんでしょうか。
 ナチュラルへの道は険しい。

 とりあえず、春になったらネイビーのマキシスカートを一着買います。


リンネル 2015年 03月号 [雑誌]
宝島社
2015-01-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by リンネル 2015年 03月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0