ミュージック・マガジン11月号

花の82年組ではなんといっても中森明菜推しだった私にとって、小泉今日子は「かわいいけど、歌が……」という感じだった。
 でも、そのあり方、生き方、考え方には憧れる。
 アイドルって思ってたよりつまらない→やめちゃおう→ただやめるのも何だから、何かすごいことをやってからやめよう→事務所に無断で髪を刈り上げる→人気が出てしまう、という伝説がキョンキョンにはあるが、十代の子にそんなスケールの大きい発想ができたことがまずすごい。
 本誌のインタビューによれば、事務所的にこういう仕事をしてほしいというのはあるだろうから、それは仕事として割り切ってやる、でもその代わりとして自分のやりたいこともさせてもらう、という、当時のアイドルとは思えない交渉力もあったキョンキョン。 時代を読んだ自己プロデュース能力、アイドルとしてのプロ意識の高さ、そしてやはり最強の小顔と日本美人なルックスで、現在も女優として歌手として文化人として第一線を走っているキョンキョン。 やっぱりかっこいい。 憧れてしまう。
 私がもしアイドルになっていたら、周りの言いなりになって右往左往、結局一年ももたずに引退していただろうな。
 私なんか100回生き返ってもあんなふうにはなれない。
 ぐじぐじしてなくて、さっぱりしてるのに冷たさもなく、アイドルなのにコテコテの専業主婦役もなぜか似合ってしまう。
 本誌はそんなキョンキョンの魅力プラス、彼女と同時代を生きた82年デビューのアイドルたちの名盤も紹介している。
 私は実は表向き明菜ちゃんファン、心の奥では北原佐和子ちゃんもかわいいなあと思っていたのだが、youtubeで生の歌を聴くと……うおうこれはなかなかです。 
 でも、当時のアイドルたちってこんな感じの人も多かったよなあ。 今のアイドルって歌唱力は確かに向上してるんだろうけれど、その辺でカラオケしてる子を捕まえてきたレベルのが多くて、アイドルとしてこちらをハッとというか、ドキッとさせる神々しいものが感じられる子が少ない。 昔のアイドルはおいそれと触れられないオーラが……なんだか年寄りになってきたのでこの辺で。

 年寄りといえば、まさかの21年ぶりの新譜をリリースしたばかりのGRANDFATHERSも載ってるよ!
 1999年の再結成ライブにわざわざ一泊ホテルを取って近畿の山奥から渋谷まで見に行った者としては、3人がいい感じで熟成されているのがすごく感慨深い(ミュージシャンとしても、見た目も)。
 キリンジの新譜もすでにレビューされてるのか……。 もう少し大きく取り上げてほしいものだなと常々思ってるんだけど、このたびはああいう発表もあったことだし、そのうち表紙巻頭特集とは言わないまでも、第2特集くらいで、「さよなら二人のキリンジ」というような記事を読みたいところだ。


MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2012年 11月号 [雑誌]
ミュージックマガジン
2012-10-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2012年 11月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0