ミュージックマガジン2月号 特集は「さよならムーンライダーズ」

 宝塚歌劇の雑誌「歌劇」風にいえば「ムーンライダーズサヨナラ特集」とでもいうことになるのだろうか。
 いまだに多くのファンが信じられずにいる、ムーンライダーズ無期限活動休止。
 その謎を解き明かす特集……というわけではあまりなくて、昨年12月のライブの模様、そしてゆかりのアーティストやライターたちによる思い出話……というような内容になっていて、正直「もっと今の状況を突っ込んで論じてくれないものだろうか」「メンバーのインタビューが誰ひとりとして無いのはやはり寂しいし、特集記事としても半端なのでは」と思わずにいられない。
 そんな中、「この一曲と、わたし」と題された特集には、あがた森魚、岩井俊二、サエキけんぞう、直枝政広、PANTAといったゆかりの人々が選ぶムーンライダーズの一曲と思い出が語られていて、読者も思わず「私にとっての一曲は……」と脳内で選曲作業を行うのではないだろうか。 実際、twitter上には、「ムーンライダーズこの一曲と私」というようなハッシュタグが存在する。
 あまりにも突然の活動休止宣言。 正直なところ、現段階ではメディアも周辺人物もファンもその事実を受け止めるので精いっぱいで、冷静に論じるところまでいっていないのだろう。 とりあえず自分にとってのムーンライダーズの思い出を総括することくらいしか今はできそうにないのだ。
 というわけで私も、この場をお借りして、自分とムーンライダーズとの出会いからちょっと振り返ってみます。
 「名前は知ってるけど……」くらいの存在でしかなかったムーンライダーズのアルバムを初めて買ったのは1999年か2000年くらいのこと。 カーネーション直枝氏参加の「僕は負けそうだ」目当てで買った「BIZARRE MUSIC FOR YOU」が、私にとっての初ムーンライダーズだった。 「僕は……」もさることながら、「BEATITUDE」をはじめとして、年齢相応の苦みや傷みを持ちつつもはじけまくるおじさまたちの姿に衝撃を受けたのだった。 その後、ベストアルバム「アンソロジー」にも楽しませてもらったりしたものの、私事でいろいろあったためしばらくムーンライダーズとは疎遠になった。
 ふたたび何の脈絡もなくムーンライダーズ熱に火がついたのは2007年。 とにかくアルバムを入手できる限り買いまくった。 2007年という年は盲腸、妊娠、退職と激動の年だったのだが、そんな日々をタノシクしてくれたのはなんといってもムーンライダーズの作品たちであった。 その後、現在に至るまで、私を、そして3歳の息子をも(!)楽しませ、唸らせてくれるムーンライダーズ。
 名曲だらけのムーンライダーズの曲の中で、私の中での№1を選ぶのは難しいが(というかいまだに入手できていない作品もあるし……)やはり最初の衝撃という点で「BEATITUDE」を挙げてしまう。 ♪夢の数だけなら負けはしない キズの数をかぞえたら十万億 とどけよBEATITUDE カルマにまみれて♪ こんな自虐的な歌詞をあんな元気な(でも少し枯れた)サウンドに乗せて、おじさま5~6人で合唱するバンドってそういない。 炸裂するギターもすごい。 この曲は私のようなひねくれ者にとって最高に「元気が出る」曲だ。
 うーんでもやっぱり「くれない埠頭」も、いややっぱり「ボクハナク」でしょう、いやいや「湊町レヴュー」も、いや待て待て「工場と微笑」も……と、やはり一曲どころか次から次へと好きな曲が出て来て困ってしまうのだ。 それが35年の歴史というものでしょう。


MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2012年 02月号 [雑誌]
ミュージックマガジン
2012-01-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2012年 02月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0