「続・暮らしのヒント集」

 料理家、園芸家、デザイナー、バレリーナ、エッセイスト……各ジャンルの著名人が、暮らしのこだわりについて語る「ヒント集」である。
 ものの少ないシンプルな暮らし、自然や季節とのかかわりを大事にする暮らし、古くても良いものの価値を大事にする暮らし、情報に振り回されない暮らし……。
 どれも、私たちがあこがれて、それでもなかなか実行できない暮らし方である。
 なかでも興味深いのは、同じ質問にそれぞれの方が答えるという企画。 それぞれにこだわりはあるものの、やはり共通していると思われるものは、「丁寧に暮らす」ということ。 「暮しの手帖」が唱え続ける「今日もていねいに」を、それぞれの方がそれぞれのやり方で実践しているんだなと。

 私もその質問に答えてみます。
 Q.夜寝る前に読む、好きな本を教えて下さい。
 A.「歌劇」「ミュージックマガジン」などの雑誌を常に枕元においています。 暗闇の中で読むので、よく夫に不気味がられます。 目にも悪いと思うのでやめたいと思っているのですが……。
 Q.身体のためにいつもしていることを教えて下さい。
 A.朝はラジオ体操、夕方に筋トレ、夜はストレッチ……と目標を掲げているものの、なかなか毎日とはいきません。
 Q.他人にしてもらって、一番うれしいことは何ですか?
 A.やはりほめてもらうこと。 「ここはやっぱりあなたでなければ」「やっぱりあなたしかいないと思っていた」などというほめられ方が大好きです。 なかなかここ数年そういう幸せを味わっていませんが。
 Q.生きる上での理念、ポリシーを教えて下さい。
 A.そんな立派なものがあったらもっと上手い生き方ができていたはずですが……。 ポリシーもなく、流されるまま生きてきた気がします。 常識もないかも(-_-;)
 Q.元気のない時、どうやって気持ちを切り替えますか?
 A.寝るに限ります。 あとは、そういう時のための特別な食べ物を普段からイメージしておいて(特別といっても、カフェラッテとかそういう廉価なものですが……)、ここぞという時に食べて自分をなぐさめます。 あと私の場合、音楽を何日も聴いていないと元気がなくなるようなので、DAPでお気に入りの音楽を聴きます。
 Q.食事をする上で大切にしていることは何ですか?
 A.それも特になくて、ずるずるだらだら食べているだけですが……最近、血糖値が急上昇しない食べ方の順番というのに凝っていて、それは守るようにしています。
 Q.一番好きな家事と一番苦手な家事を教えて下さい。
 A.好きな家事なんてなくて、家事はすべて苦手ですが、あえていえば、ものを捨てること(笑) 苦手なものは、以前は圧倒的に料理でしたが、料理は最近少しましになってきました。 というわけで、窓ふきや換気扇掃除などの体力がいるものが苦手です。
 Q.お金との付き合い方で心がけていることは何ですか?
 A.予算を各費目ごとにしっかり立てて、自分が何に毎月どれくらい使っているか把握すること。 すぐ新しいものを買おうとせずに、あるもので代用できないか考えること。

 本書に載っている立派な方々に比べ、なんか情けなくなってきましたが、私の場合はこんな感じです。 みなさんも考えてみてはいかがでしょうか。


暮しの手帖別冊 続・暮らしのヒント集 2012年 01月号 [雑誌]
暮しの手帖社
2011-12-05

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 暮しの手帖別冊 続・暮らしのヒント集 2012年 01月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0