クロワッサン特別編集「こんな生活習慣で、病気にならない」

 以前にも書いたかもしれないが、料理が苦手だ。
 ひとつの食材を前に「これをいったいどうしたものか……」と考え込んでしまう方だし、レシピなしにあり合わせの材料で料理を創作することもできない。 料理雑誌を買っても、いまひとつおいしそうじゃない……珍しい調味料を買うのは面倒……などと自分に言い訳ばかりしてしまい、一向にモチベーションが上がらない。
 しかし食べなければ死んでしまうわけで。
 しかも、より良い物を食べなければ、死期を早めることにつながるわけで。
 というわけで、難しいことは抜きにして、手っ取り早く身体に良い物を、身体により良いように料理して食べたい! という私のような者にとって、本書はかなりありがたい。
 抗酸化、免疫力向上、記憶力向上、といったテーマで、私でもなんとか頑張れば作れそうな(←ここポイント)料理が豊富に掲載されている。
 さっそく、ビタミンC、カルシウム、カリウム、フコイダンがとれるという「子大豆もやしとわかめのトウバンジャン和え」を作ってみた。
 なんのことはない、茹でたもやしと戻したわかめを調味料で和えるというだけの一品だが、おいしかったし、なにより「家族がまた一歩健康に近づいた」という達成感を得られるのがうれしい。
 他の料理本の写真はいまひとつおいしそうに見えなくて、作る気が起きないものが多いのに比べ、クロワッサンの料理の写真は、器も上品でやぼったくなく、おいしそうに見えるのが良い。

 また本書は、40代から始めるべき(いや、本当は30代から始めるべきだろう)筋力をつけ寝たきりを予防するための筋肉トレーニングや、呼吸法、冷え対策などがいろいろ載っている。
 子育て真っ最中で、せいぜいスーパーや公園と自宅を往復するだけの日々。 筋力が落ち、姿勢が悪くなっているのが自分でもわかる。
 大胸筋が弱いから猫背になる。 内転筋が弱いから内股になる。 腸腰筋が弱いからこれまた姿勢が悪くなる。 とまあ、つっこみどころ満載の私の身体だが、これも料理と並行して、少しずつ改善していきたい。

 欲を言えば、病気にならないための心の持ち方(ストレスをためない方法、マイナス方向へ向かう思考をストップさせる方法、嫌なことを受け流す方法etc.)なんかも特集してほしかったところだが、それは次回に期待ということで。








クロワッサン特別編集 新装版・体のツボの大地図帖 (マガジンハウスムック)
マガジンハウス

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by クロワッサン特別編集 新装版・体のツボの大地図帖 (マガジンハウスムック) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル