せなけいこ「いやだいやだの絵本」

 いまだに「ざっくん!ショベルカー」を偏愛中のわが息子、別にそれでもいいんだけれど、普通のお話の絵本にも親しんでほしいなあと思い、市内の図書館にも連れて行ったりしている。
 ところが、人が多いと俄然張り切るタイプの彼、走り回ってばかりでちっとも絵本に集中してくれない。
 これは図書館でなく、自宅で、じっくり読むことにしないとダメだと悟り、とっておきのこの絵本を買ってみたのである。
 私も幼い頃、母によく読んでもらった絵本である。
 自分でも読めるようになってからは、暗記するくらい読んだ。
 さっそくうちの子にも見せてみたところ、絵を見ただけでかなり喜んでいる。
 今では「にんじん!」「やーだやーだ」「もぢゃもぢゃ」「あおきー」(←これ「おばけー」と本人は言ってるつもりです)と、うれしそうに持って来ては自分で眺めたり、私に何度も読むようせがんだりしている。 
 「にんじん」は、にんじんの好きな動物たちがたくさん登場し、「○○ちゃんもにんじん食べられるように頑張ろうね」と促す意図の絵本だと思うんだけれど、うちの子はにんじん大好きなので特に意味はなし。
 「いやだいやだ」は、いやいやばっかり言っているとママやぬいぐるみ、おひさまなど、好きなものがみーんな「いやだいやだ!」とそっぽを向いちゃうよ、どうするの?と、問いかける作品。
 「もじゃもじゃ」は、髪を切るのを嫌がる子に、植木も犬も毛糸もさっぱりしたよ、さてあなたはどうする?と問いかける作品。 うちの子もたいがい散髪は嫌がるので、これは効果的かも。
 そして、一番人気と思われる(実際、発行部数もぶっちぎりだった)のが、「あおきー」こと「ねないこだれだ」。
 夜中に寝ない子はおばけになっちゃうよ、おばけにさらわれてとんでいけー……という、恐怖の(?)作品。
 うちでもこれが再読ナンバーワンで、何度も読め読めとねだられている。
 せなけいこさんのおばけ絵本の中には「おばけのてんぷら」という、くいしんぼうのおばけがあわやてんぷらに……!?というスリル満点の作品もあって、これも子供が大きくなったら買ってやろうと思っている。

 こどもって、なかなか親の思惑どおりには育ってくれないもんですね。
 うちの子もなかなかじっとしていてくれない子で、プレイルームや図書館では恥をかきっぱなしだけれど、本人はすごく楽しそうだし、周りの人々にも温かく見守ってもらっているので、とりあえず今のところは様子を見ようと考えているところである。


いやだいやだの絵本 4冊セット
福音館書店
せな けいこ

ユーザレビュー:
ブルーナよりいいかも ...
おやすみ前にも!!う ...
不朽の名作!!!せな ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)