「ミュージックマガジン」12月号・特集は「追悼・加藤和彦」

 加藤和彦と聞いてどんな曲を思い出すかは、世代にもよるし音楽の好みにもよるだろう。
 フォーク、ロック、ニューミュージック、ポップス、アイドルポップス、さまざまなジャンルにおいて才能を発揮しまくった才人だから。
 私個人としては、真っ先に思い浮かべるのが、中川勝彦のシングル「ナンシー・Chang!」だったりする。
 安井かずみとのゴールデンコンビで、いかがわしくてきらびやかでポップで、中川勝彦の魅力の一端を思いきり鮮烈に切り取った名曲だった(しょこたん、カバーしてくれないかなぁ)。
 当時のアイドルの曲で、ちょくちょく「作曲:加藤和彦」の名を目にすることがあったけど、どの曲もさりげなくおしゃれだったり、かと思うとじんわりしみてきたり、一筋縄ではいかない作曲家さんだなとは子供心にも感じてたんだけれど。
 今でも時々テレビで見かける人だっただけに(「ミュージックフェア」とか)、亡くなったとはにわかに信じられなかった。
 天国よいとこ…なのだろうか?
 
 今回はもちろん、カーネーションの記事もあったから購入したんだわ、この雑誌。
 矢部浩志氏が脱退という、信じられない悲劇に見舞われた今年のカーネーション、そしてファンの私たち。
 直枝氏も心身ともに極限状態、そしてそれを傍で見ている大田氏ももちろん辛かっただろうとは想像に難くない。
 そんな中、多くのミュージシャンのサポートを得て、まさしくロックゾンビのごとく、こんな状況下でもニューアルバムを発表してくれるカーネーションである。
 Myspaceで試聴できるので興味のある方は聴いてみてほしいのだが、そんな暗い背景が感じられないくらい、風通しがよく、良い意味で軽い音に仕上がっている。
 ある意味、いつもの直枝印なのがうれしい。
 記事にも「深読みしないで、純粋に音楽として楽しんでほしい。そういう環境を整えるために頑張ってきたんだから」というような発言があった。
 その通り、何も考えずにいつものカーネーションのアルバムを聴くつもりで、買って聴こうと思っている。
 「Velvet Velvet」明後日リリースである。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0