中川勝彦「DOUBLE FEATURE」

 買っちゃいましたよ、しょこたんのお父さんこと中川勝彦氏のセカンドアルバムであるところのこの作品、紙ジャケット仕様で!
 勝彦さんが他界した時、旧作がまとめて再発売されたことがあった。
 でもなぜかその時はファーストアルバム「してみたい」しか買わなかった(今でもあの時まとめて買っとけばよかったのにと思ってる)。
 このアルバム、前作に引き続きムーンライダーズのメンバーも多数参加しているものの、作曲はほとんど勝彦さん自身が手がけている意欲作。
 80年代って感じのポップでロックな(……)サウンドが全編にわたって楽しめる。
 時に妖しく、時に骨太に、時に優しくせまる勝彦さんのヴォーカルもやっぱり魅力的。
 やっぱり声が圧倒的にきれいだわ。
 思えば現在に至るまで続いている、私の「男性のハイトーンヴォイスフェチ」は、実は中川勝彦さんがルーツなんだな。
 サウンドは古くさくても、勝彦さんの澄んだ歌声だけは不滅だし、本当にうっとり…。
 当時のファンも、あたかも王子様の歌を聴くような気持ちで聴いてたんだろうな。
 ルックスももろ王子様だしさ。
 曲の中ではやはり、一曲目「僕たちのマンネリズム」の白井良明さんが冴えている。
 くらもちふさこのコメントによると、当時の勝彦さんはとにかく良明さんを尊敬しまくっていて、何かといえば良明さん良明さんだったらしい。
 良明氏の、かゆいところをかくのではなくあえてくすぐるようなメロディー、勝彦さんにぴったりマッチしてるもん。
 次作「ペントハウスの夏」でも絶妙な良明メロディーが聴けますよん。
DOUBLE FEATURE(紙ジャケット仕様)
DOUBLE FEATURE(紙ジャケット仕様)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス