「ミュージックマガジン 4月号」表紙は電気グルーブですが、キリンジの記事もあります

 「ミュージックマガジン」誌にやっと、キリンジが帰ってきた。
 いつもアルバムレビューはあるけれど、その扱いも作品を重ねるごとに小さくなっていってたし(仕方ないかなと思える作品もあったけど)、もっと大きく取り上げてほしい…と、歯がゆい思いをしていた私。
 今回、アルバム「7」の発売により、ほんとうに久し振り(「3」以来じゃないか?)に、キリンジのインタビュー記事を読むことができた。
 「渋谷系」が下火になり、宇多田ヒカルやMISIAなんかが出てきた10年前、1998年にデビューしたキリンジ。
 「70年代っぽい」「喫茶ロック」「インテリ向け?」みたいな余計な誤解も受けつつ、自分たちの好きな音楽を純粋にやってきたという過程を語ってくれている。
 今回のアルバムの評価もまずまずだし、ほかにも鈴木慶一+曽我部恵一などの記事もあって、私的には楽しめた今月号である。

 さて、この辺でちょっと近況報告。
 私はついに来週から臨月という状況に突入します。
 おなかの中のもう一つの人格は男子であることもわかり、男子らしく暴れん坊に、食いしん坊に成長しつつあります(料理中に大暴れする)。
 そんなわけで買い物も困難になり、日用品や今回の雑誌、CDなんかもネット通販に頼りっきりです。
 そんな時に限ってリリースラッシュなんだよなあ。
 ブログは体調の許すかぎり更新するつもりでいますが、たぶん5月になると一ヵ月間更新がないと思います。
 それまでなるべくまめに更新しますのでよろしくです
MUSIC MAGAZINE (ミュージックマガジン) 2008年 04月号 [雑誌]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0