青山陽一「Songs to Remember」

青山陽一氏は会社勤めをしながら2年に1枚のペースでインディーズでアルバムを発表していたが、その会社が倒産してしまい、ちょうど同じ時期にメジャーデビューの話があって、35歳でデビューに踏み切ったのだそうだ。
 うーむ、そんな人生もあるんだ、と、Yahoo!オークションでの記事を読んで唸ってしまった。
 そんなインディーズ時代の彼の、インディーズとはとても思えないような素晴らしい曲の数々がここに収録されている。

 ざくざくしたバンドサウンド、潤いあるハイトーンヴォイス、美しいとか流麗とかいう言葉では表現しきれないメロディ、そしてイマジネーション豊かな歌詞。
 青山氏のメジャー盤を聴いて気に入った方も、「どれから聴こうか迷っている」という方も、彼のルーツを知るのには必聴だと思う。
私もメジャー盤を聴いて惚れこんでからこれを聴いて、ますますのめりこんでしまったくちである。  

 私のお気に入りは「Cyclone」。
 天気予報のBGMにでもならんかいなというような、めちゃさわやかで、台風一過の青空を思わせる一曲なのだ。
 もちろん青山氏らしいちょっとどろどろしたロック「Bloody Apple Song」「Vampire」なども大好きなんだけれど。

Songs To Remember
徳間ジャパンコミュニケーションズ
1999-02-24
青山陽一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Songs To Remember の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス