江國香織「間宮兄弟」

 間宮兄弟。
 兄・明信は35歳。酒造メーカー勤務。
 弟の徹信は32歳の小学校用務員。
 兄弟はとても仲が良く、今も二人で暮らしている。
 兄弟の共通点は、生まれてこの方女性と付き合ったことがないこと。
 告白してふられたり、告白しなくてもふられたり、お互い小さな傷をかかえながらも、二人の生活を楽しんでいる。
 徹信はかねてから、同じ小学校の教諭・依子が兄の好みのタイプだと思っているが、明信は「ビデオ屋の直美ちゃん」のことを心の恋人と慕っている。
 依子も直美もそれぞれ恋愛の悩みをかかえているのだが、間宮兄弟宅に招待された二人は、兄弟の素朴なやさしさにしだいにいやされていくのだった。
 一方、明信の同僚・大垣は不倫をしているが、妻がなかなか離婚に同意しない。
 その妻に、ひょんなことから徹信が一目ぼれをしてしまう…。

 「落下する夕方」で、恋敵が死んでしまっても恋人が決して自分のもとに帰ってこないという苦しみを描いた江國香織だが、この作品でも、間宮兄弟を取り巻く女性たちは、兄弟にいやされこそすれ、結局、絶対に、だれ一人として、兄弟のことを好きにはならないのだった。
 ある女性は泥沼の不倫に終止符を打ち、ある女性は恋人のことをきちんと信じてみようと決心し、またある女性は夫を自由にしてあげようと決意する。
 そんな女性たちの恋愛ドラマの真ん中に、ちょうどドーナツの空白のように、ぽつんと間宮兄弟が暮らしている。
 結局、彼らの周囲だけが大きく変わって、彼らの暮らしは今までと変わらない。
 それは少し寂しいことだけれど、自分たちの楽しみを大事にし、ていねいに暮らし、遊びを忘れない兄弟の生き方は、ある意味強い生き方かもしれない。
 恋はするけれど、決して自分を曲げてまで、世の常識に合わせようとしない。
 恋も仕事もどこかうまくいかない、いっそのこと自分を曲げて常識的なところに落ち着いてしまおうか…と悩んでいる人に読んでほしい一冊である。
間宮兄弟 (小学館文庫 え 4-1)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い