カーネーション「Five Oh! Five」

 パソコンの調子が悪いこともあり、このところインターネットなどをせず、音楽を聴いたり英語をちょっと勉強したり雑誌を読んだり、そんな感じで夏の夜長(?)を過ごしている。
 久しぶりにCDラックから引っ張り出してみた、このライブアルバム。
 1996年7月。カーネーションが「a Beautiful Day」などのヒットで勢いに乗り始め、続くアルバム「GIRLFRIEND ARMY」の発売を控えていた頃。
 私はといえばまだ「EDO RIVER」しか聴いていない状態で、それでもこのあまりにもふところの深い中堅(まだベテランではなかったよね)ロックバンドに夢中になっていた。
 そんなある土曜日の昼下がりにオンエアされたNHK-FM「アコースティック・ライブ」の模様がこの一枚にパッケージされている。
 前述したようにこの当時はまだ、徳間ジャパンやメトロトロン時代の音源は未聴だったため「体温と汗」「からまわる世界」なんかにはびびったものだ。風通しのよい、夏向きのファンキーな曲ばかりじゃない、暑苦しくて濃ゆくて汗臭い、でも文句なしにかっこいいロック、それもまたカーネーションの大事な魅力のひとつなんだと、ますます惚れ直したものだ。
 もちろんこの時もしっかりカセットテープに録音しながら聞いたんだけれど、こうしてCDにパッケージ(つまりノイズがない状態)で聴くのもいいものである。
 オンエア時にはなかったアンコール「夜の煙突」もしっかり収録されている。
 それにしても「夜の煙突」。私はもう5ヴァージョンくらい持ってるけど、で、ライブでもさんざん聴いてるけど、これだけ何度聴いても飽きなくて、何度聴いても同じように熱くなれるロックナンバーをほかに知らない。間違いなく私の生涯の「日本のロックナンバー10選」には入るだろうな。
505~Five Oh! Five~
505~Five Oh! Five~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0