宝塚歌劇団雪組公演「堕天使の涙/タランテラ!」

 宝塚歌劇団雪組トップコンビ・朝海ひかると舞風りらのサヨナラ公演となる今回の作品。
 私はお披露目の「春麗の淡き光に」も観ているので、サヨナラに立ち会えるのが単純にうれしい。
 お芝居の方のストーリーをざっと……。
 *20世紀初頭のパリ。享楽に耽る人々。とある夜会で”地獄"をテーマにしたダンスが開かれる。主役の"地獄のルシファー"を踊るダンサー(朝海)が人々を魅了する。彼はロシア人ダンサー・ミハイル。新進気鋭の振付家、ジャン=ポール(水夏希)に、自分の館を訪ねて来るようにと言い残して去って行く。
 彼はジャン=ポールに、自分の為に"地獄の舞踏会"という作品を創ってほしいと依頼する。そして、自分は地獄から人間界に現われた堕天使ルシファーだと告げる。ジャン=ポールは、ルシファーに誘われるままに、その仕事を引き受ける。
 「地獄の舞踏会」の音楽がなかなかできずに苦悩する作曲家・エドモン(壮一帆)は、ルシファーに言われるがままに、弟子のマルセル(彩那音)に書かせた曲を自分のものとして発表する。一方、ピアニストのセバスチャン(音月桂)の恋人・イヴェット(大月さゆ)は、ミハイルの相手役に選ばれ、またしてもルシファーの誘惑に負け、一流のバレリーナになるためにセバスチャンとの愛を捨てる。
 そうして愚かな人間を笑い、神を呪うルシファーだが、ある時一人の盲目の元バレリーナ・リリス(舞風)と出会う。彼女は実はジャン=ポールの双子の妹。伝説のバレリーナだった母のジュスティーヌ(五峰亜季)に愛されず、盲目の娼婦となり、さらに病魔に冒された彼女は、それでも自分の身に起こったことをすべて受け入れるとルシファーに語る。……*

 今回すごく良かったなあと思える点が2点あって、
 ・娘役・女役が大活躍している!
 ・歌える人が歌いまくり、踊れる人が踊りまくっている!
 まず、今の宝塚きってのダンシングスターであるコムさん(朝海)、まーちゃん(舞風)の退団公演だからということもあるだろうけれど、お芝居の方ではコムさんがロシア人ダンサーに身をやつした堕天使、まーちゃんがかつて将来を嘱望された盲目の元バレリーナ。この設定からしてファンはぐっと来るでしょう。
 ミハイルの相手役を決めるオーディションのシーンで、舞咲りんら若手の娘役がバレエをかわいく踊りまくるのがまた見もの。お芝居で娘役たちがこれだけ踊らせてもらえるのって珍しいのでは?
 その中から選ばれ、一流のバレリーナになるために恋人との別れを選ぶイヴェットという大役を演じるのが大月さゆ。正直、彼女のことは全然といっていいほど知らなくて、大抜擢といっていいのかもしれないが、大きな役どころにきちんと応えていた。水夏希、壮一帆ら男役スターたちと一緒に娘役たった一人でセリに立って歌ったり、歌のソロがあったり、びっくりするほどの抜擢。何も知らずに観に来た人は、さゆちゃんがヒロインなんだと思うのではないだろうか。
 その点、本当のヒロインであるまーちゃんは、病人の役だからほとんど寝たきりで台詞もソロの歌も少なく、天に召される前にルシファーと踊るデュエット・ダンスが一回あるだけ。退団公演なのにそれってひどすぎるのでは? でもまーちゃんはけなげに演じきっていた。
 さて、ショーの方ももう、これでもかというくらい適材適所の大熱演を見せてくれた雪組。専科の矢代鴻をはじめ、未来優希、美穂圭子、愛耀子といったあたりが歌う歌う! コムさんとまーちゃんが踊る踊る! 山科愛ちゃんかわいすぎ! なんか、コムまーコンビの最後を飾るために全員が持てる力をすべて出したし、力を持ってる人を上手く使ったという感じがして、気持ちよかった。
 ともすれば男役偏重になりすぎ、娘役で目立てるのはトップだけ、あとは文字通り壁の花、となりがちだったこのところの宝塚。さらに路線スターだからというだけで、歌唱力に疑問のある演者がソロを取ったり、実力ある娘役がいっぱいいるのに男役スターが女役をやったり、ということが多かったこのところの宝塚。でもこの公演を見て、少しずつそのあたりが変わりつつあるのかなとうれしくなった。やはり何でも「実力のある人」が報われるような宝塚であってほしいし、娘役があって初めて男役も光るのだということを、可愛くてかっこいい娘役をもっと見たいというファンがたくさんいるのだということをもっと踏まえてほしいと思う。
 いやーそれにしても、ここからはひとりごとだけど、まだまだ暑い時期に宝塚に行ったのは初めてだったので、どんな服を着ていけばいいか迷った。やっぱり裸足にサンダルは気分じゃないし。結局裸足だけど靴は普通のパンプスを履いていった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0